くらひろお手軽レシピ:鮭のじゃが芋衣揚げ

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

鮭のじゃが芋衣揚げ

鮭は良質なたんぱく質と脂質が豊富です。鮭の特徴であるピンク色の身は、アスタキサンチンと言う色素によるもので強い抗酸化力があります。アスタキサンチンはビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用が高まるため、ビタミンCが含まれるじゃがいもとの相性が良いです。

栄養情報(1人分)

熱量(362kcal)たんぱく質(23g) 脂質(17g)炭水化物(25g)塩分(1.0g)

材料(2人分)

  • 2切れ(160g)

  • じゃが芋

    1.5個(225g)

  • 小さじ1/3

  • 1個

  • 小麦粉

    大さじ1

  • 揚げ油

    適量

  • ケチャップ

    大さじ1

作り方

鮭は骨があれば取り除き半分に切り、塩を振り約10分置いて水気を拭き取る。じゃが芋は細く千切りにして水にさらす。
鮭は骨があれば取り除き半分に切り、塩を振り約10分置いて水気を拭き取る。じゃが芋は細く千切りにして水にさらす。
1の鮭に小麦粉→溶き卵を付け、水気を切った1のじゃが芋を手で握るようにしてしっかり付ける。

1の鮭に小麦粉→溶き卵を付け、水気を切った1のじゃが芋を手で握るようにしてしっかり付ける。
2を170℃程度の油できつね色になるまで揚げる。器に盛りケチャップを添える。
2を170℃程度の油できつね色になるまで揚げる。器に盛りケチャップを添える。
器に盛りつけてお召し上がりください。
器に盛りつけてお召し上がりください。

調理・料理のポイント

じゃが芋はしっかり水気を拭き取っておくと衣づけしやすいです。
じゃが芋はしっかり水気を拭き取っておくと衣づけしやすいです。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する