雑誌を読みながらエクササイズ

後で読む・お気に入りに保存する

雑誌を読んでいる時間に、少し身体を動かして、効率よくエクササイズしましょう。うつ伏せや横向きなど、身体の力が抜けてしまいがちな体勢でも、意識して筋肉を動かすことで、健康的な身体をキープできます。お腹、内もも、お尻、気になるポイントを雑誌を読みながら手軽に刺激できるエクササイズをご紹介します。

お腹エクササイズ

  1. 両手で雑誌を持ち両ひざを立てて座り、足の間はにぎりこぶし1つ分程度離す。(左右の足は平行にする)
  2. 息を吸って背筋を伸ばす。(首を長く伸ばし、肩を下げておく)
  3. 息を吐きながら背骨を丸めながら後ろに上体を倒す。(肩に力を入れすぎないように。足が床から離れないようにする)吸いながら2に戻し、吐きながら3へと5〜10回繰り返す。

ポイント

肩に力が入らないようにし、お腹に力を集中させましょう。雑誌を読みながらリラックスして行うと良いです。倒しすぎると足が床から浮いてしまうので、足が浮かない程度で行いましょう。

内ももエクササイズ

  1. 左を下にして横になり、左ひじを立てて頭を支え、右手で雑誌を持つ。(首を伸ばし、お腹まわりに力を入れ、身体の力が抜けないようにする)
  2. 右ひざを曲げ身体の前に置き、息を吸い背筋を伸ばす。(背骨はできるだけ真っ直ぐを意識する)
  3. 息を吐きながら左脚を上げる。(内ももを意識する)吸いながら脚を下ろし、吐きながら上げるを10回程度繰り返す。

ポイント

首、背骨がダラーっとして曲がると首や腰を痛めてしまうので、できるだけ真っ直ぐを意識しましょう。内ももをしっかり意識して動かしましょう。

お尻エクササイズ

  1. うつ伏せになり脚を腰幅に開く。両ひじをついて両手で雑誌を持つ。(肩が上がらないようにし、肩甲骨をお尻の方へ下げるようにする)
  2. 右ひざを曲げ、かかとをお尻に近づけ、息を吸う。(肩が上がらないようにし、左右の肩の高さは揃えておく。首を長く伸ばす)
  3. 息を吐きながら右ももを床から上げる。息を吸いながら下ろし、吐きながら上げるを10回程度繰り返し、同様に反対側も行う。(上体がねじれないように注意し、脚だけ動かす)

ポイント

肩に力が入らないように注意し、肩は下げ、首を伸ばすように意識しましょう。動かす脚につられて上体がねじれないようにすることで、お尻の筋肉がしっかり刺激されます。

注意点

横向きのポーズを行いながら雑誌を読む際は、首を痛めないように注意しましょう。うつ伏せのポーズは腰に違和感がある方は控えましょう。

エクササイズ監修:東京電力EP フィットネストレーナー 北村大造

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する