プロポーズをするタイミングっていつ?おすすめのシチュエーションから事前準備まで解説
恋愛・結婚・家族

プロポーズをするタイミングっていつ?おすすめのシチュエーションから事前準備まで解説

後で読む・お気に入りに保存する

「プロポーズは、大好きな相手に結婚を申し込むための大切なイベントです。一生の記念になるような、特別な一日にしたいと考えている人も多いことでしょう。
プロポーズには、タイミングも重要です。ここぞ!というときに、結婚を申し込みましょう。記事では、プロポーズにおすすめのシチュエーションから事前準備まで、詳しく解説していきます。」

プロポーズをするタイミングっていつ?おすすめのシチュエーションから事前準備まで解説

「プロポーズをしようと思っているけれど、タイミングがわからない」と、思っている人も多いのではないでしょうか。
せっかくプロポーズするのですから、大好きな相手にとって、最高の思い出になるような瞬間にしたいものです。結婚を申し込むのにベストなタイミングを知って、「YES」の返事を引き出しましょう。
今回は、プロポーズをするおすすめのシチュエーションから、事前準備まで解説していきます。これからプロポーズをするつもりという人は、ぜひ参考にしてみてください。

プロポーズをすることを決めたのは、どんなとき?

プロポーズのタイミングを考える前に、まずはプロポーズしようと決めたきっかけから振り返ってみましょう。「何となくプロポーズしようと決めた」という人でも、何らかの理由があるものです。

転職や昇進が決まった

プロポーズを決断するきっかけの定番は、転職や昇進など仕事の転機です。転職することになって引っ越しをする、昇進が決まって会社内の地位が安定した、などの理由でプロポーズすることを決める人も多いでしょう。
転職で住む場所を変えるときに「せっかくなら2人で一緒に住みたいな」と思ったら、プロポーズを検討してはいかがでしょうか。2人で新生活をスタートさせれば、新しい仕事にもきっと打ち込めるでしょう。
結婚をして家庭を持つことに今一つ自信が持てない人は、昇進をきっかけにするのもよいでしょう。会社内での自分が認められたことで、プロポーズをする自信も得られるかもしれません。

親しい友人の結婚がきっかけで

他にもよくあるきっかけの一つが、親しい友人の結婚です。周りの知人や友人が独身ばかりだと、自分も結婚しよう!とは、なかなか思えないものです。
親しい友人の結婚式に参列したときに「結婚っていいな」と感じたら、自分自身の結婚も考えてみましょう。どのような結婚式を挙げたいのか、どこに住みたいのか、などについて相手と話し合う時間は楽しいものです。

また友人が続々と結婚してしまい、休日に遊ぶ友達が少なくなった…などの理由で結婚を決める人も多くいます。結婚をすると家族優先になってしまい、友人と遊ぶ時間はおのずと減っていくものです。親しい友人の結婚がきっかけで、プロポーズを検討する人は多いでしょう。

結婚式を挙げたい時期から逆算して

人生設計が決まっている人は、結婚式を挙げたい時期から逆算して考えた方もいるのではないでしょうか。
結婚式の準備に半年以上を費やしたという事もよく耳にします。会場探しやプランニング、招待客の調整に案内状の送付……など、やるべきことは山ほどありますよね。
「1年後には結婚式を挙げたいな」と考えているのなら、そろそろプロポーズを検討してはいかがでしょうか。プロポーズが成功したら、相手と話し合って、2人がベストだと思う結婚式の日取りを決めましょう。

プロポーズを決心したら!タイミングを逃さないように

プロポーズを決心したら、タイミングを逃さないようにしましょう。ズルズルと引き延ばしていると大事な機会を逃すことになってしまいます。
交際している期間が長ければ長いほど、相手がそばにいることが自然体になってしまい、プロポーズのタイミングを逃しやすいといわれています。
「お互い仕事も落ち着いてきたし、今がベストなタイミングなのかな」と思ったら、早めにプロポーズの準備を始めてみてはどうでしょうか。

プロポーズをするベストなタイミングとは

プロポーズをするベストなタイミングとは
プロポーズは、人生において大切なイベントのひとつです。
事前に準備し、自分たちにとってベストなタイミングで行えば、良い返事をもらえる可能性も高まりますし、お互いにとって良い思い出にもなるはずです。

ここではほんの一例をご紹介します。

記念日などの節目で

一人暮らしのカップルにおすすめのタイミングは、記念日などの節目です。記念日といっても、さまざまあります。
プロポーズにぴったりな記念日は、

・誕生日
・付き合ってから1年、2年などの節目
・クリスマス
・七夕    ……など

記念日などの節目は、プロポーズのタイミングが分からない方にとって決めやすいタイミングです。
誕生日やクリスマス、2人の記念日なら普段より豪勢なデートにも誘いやすいでしょう。サプライズでプロポーズをしたい場合にも、相手に気付かれることもないはずです。

日常の中で

普段から一緒に過ごすことが多いのであれば、食事中や寝室など日常の中であえて飾らないスタイルでプロポーズをするのも良いでしょう。。
2人で当たり前に過ごす日常の中で何気なくプロポーズをすることで、相手も自然に受け止めてくれるはずです。プロポーズする前にはドキドキと心臓が高鳴ってしまうでしょうが、相手に悟られないよう普段通りの自分を装いましょう。

思いつきのタイミングは避けたほうが良い!?

「今からプロポーズしよう!」と、思いつきで行動してはいけないのでしょうか。もちろん勢いにまかせてプロポーズしても、うまくいく場合もあります。
相手も結婚したいと思っていることが明らかであれば、良い返事がもらえる可能性も高いはずです。
ですが、そのように相手の気持ちがはっきりわかっていなければ、きちんと準備することをおすすめします。
思いつきのプロポーズを避けたほうがいい理由は、「準備をすることでより愛が伝わることもある」ということがあげられます。

しっかり準備をしたほうが相手も嬉しい

思いついたときにするプロポーズも良いですが、しっかり準備してプロポーズして貰った方が嬉しいと思う相手も多いと思います。なかにはプロポーズをするのが恥ずかしい、照れくさいと思っている人も多いでしょう。 思いついたときにするプロポーズも良いですが、しっかり準備したほうが相手も嬉しいはずです。なかにはプロポーズをするのが恥ずかしい、照れくさいと思っている人も多いでしょう。
思いつきでプロポーズしてしまったほうが、緊張することなく、また事前に思い悩むこともなくなるかもしれません。しかし、できれば「結婚してください」の言葉だけでなく、雰囲気を演出したり、記念になるものを手渡したりすることで、プロポーズを二人にとってより思いで深いものに出来るのではないでしょうか。
プロポーズは成功すれば相手にとっても一生の大切な思い出になります。後から「こうしておけばよかった」と、後悔しないためにも、事前準備を怠らないようにしましょう。

プロポーズするときの事前準備チェックリスト

プロポーズの事前準備に役立つ4つのチェックリストをご用意しました。事前にチェックしておけば、後で慌てることもありません。
プロポーズ当日を思い出に残る最高の日にするために、早めの事前準備を始めましょう。

指輪

まずプロポーズに必要な物といえば、指輪です。いわゆる「箱を開いて指輪を見せてプロポーズ」に憧れる人は、決して少なくありません。婚約指輪を用意して、当日相手に渡しましょう。きっと喜んでくれるはずです。
ただし相手の指のサイズを知らない人も多いでしょう。指輪を用意できない理由がある場合は、花束やネックレスなどの代用品でも構いません。花束を贈る際には、バラなどの、愛にちなんだ花言葉の花を選びましょう。
記念品があれば、プロポーズを終えて家に帰宅した後にも「プロポーズされた」と実感できるものです。ぜひ前もって準備しておきましょう。

服装

プロポーズ当日の服装も、重要です。プロポーズする場所など、TPOに適した装いを心掛けましょう。
特に高級レストランでプロポーズする際には、相手もドレスコードを意識した服装で食事に出掛けるはずです。
その場合には、ジャケットをかならず着用して、カジュアルエレガンス、スマートエレガンスな服装を選びましょう。
装いが変わることで、人の持つ雰囲気は大きく変わるものです。「もしかして今日、プロポーズされるかも」と相手に思わせてしまうくらいの、おしゃれな服装を心掛けましょう。

雰囲気

プロポーズする際には、雰囲気が重要です。ロマンティックな雰囲気を演出したいのなら、夜景が見えるスポットがおすすめです。ビルの最上階にあるレストランなら、きらきらと輝く夜景が雰囲気を高めてくれるでしょう。
また、車で出掛ける場合には、夜景が見えるドライブコースもおすすめです。2人きりになれる場所を探して、落ち着いた雰囲気の中で結婚を申し込みましょう。

必要な場合は、そのほかの演出

そのほかの演出が必要な場合には、それぞれに必要な準備をしておきましょう。

・ホテルの部屋に花束を用意しておく
・思い出のムービーを作る
・テーマパークにあるお城の前で、おとぎ話と同じシチュエーションを演出する

など、これは筆者の耳にした経験談ですが、相手の好みを押さえた演出を用意すれば、きっと喜んでくれるに違いありません。

いずれにしてもプロポーズする際には、人が多くない静かな場所を選びましょう。周りが騒がしいと相手も落ち着かないものです。丁寧に準備をして最高の1日にしてください。

大切なのは「二人にとってベストなタイミング」であること

大切なのは「二人にとってベストなタイミング」であること
プロポーズする際に一番大切なのは、2人にとってベストなタイミングであることです。いくら思い合っている2人でも、仕事や私生活が忙しい時期であれば「今はまだ結婚を考える余裕がないよ」と、感じてしまうこともあるためです。
せっかくプロポーズするのなら、相手に心から喜んでもらえるプロポーズをしましょう。そのためにも多少ゆとりのあるプランを練っておけば、柔軟に対応できるはずです。
自分にとっても相手にとっても最高の1日にするために、2人にとってベストなタイミングを見極めましょう。

まとめ

プロポーズするにあたって、事前準備をするのであれば、場所やタイミング、雰囲気の演出まで気を配りましょう。
一番大切なのは、2人にとって良いプロポーズになることです。気持ちに余裕やゆとりがある日を選んで、結婚を申し込むことをおすすめします。
結婚生活が始まれば、お互いのことを思い合いながら、日々生活していく必要があります。プロポーズのタイミングやシチュエーションも、どのようにしたら相手が喜んでくれるかを考えながら決めると良いでしょう。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

Facebookでシェアする
LINEでシェアする

後で読む・お気に入りに保存する