ミニマリストとは?物の選び方やまずすべきことまとめ

ミニマリストとは?物の選び方やまずすべきことまとめ

後で読む・お気に入りに保存する

最近、物を持たない暮らしが注目されています。生活に最小限の物だけで暮らしている人を、「ミニマリスト」と言います。この記事では、ミニマリストになるための考え方や、メリット・デメリットまで、詳しく解説していきます。ミニマリストのニーズにぴったりな実際の商品もご紹介。あなたもミニマリストを目指して、素敵な生活を送りませんか?

ミニマリスト1
ミニマリスト。聞いたことはあるけど、どういう意味かな?と思っている人もいるかもしれません。身の回りをスッキリと心地よい空間にして、自分の時間を有効に使っていく、それがミニマリストです。ミニマリストになることで、人生を有意義に送ることにもつながります。一度きりの人生、限られた時間の中でいかに素敵で充実した時間を過ごせるか、ミニマリストを目指して考えるのも楽しいかもしれません。

ミニマリストとは?

ミニマリストとは、元々アメリカの富裕層から生まれた言葉で、不要な物は持たず、または減らしていき、自分に必要最小限の物だけを所持して暮らす人のことを指します。
富裕層であれば、お金を自由に使い好きなものを変えますが、ほしいままに買ったものではなく、質の高さや本当に好きなものだけに囲まれて暮らすという考え方です。

ミニマリストと断捨離の違い

ミニマリストとは、生活スタイルのひとつです。より充実した生活を重視し、持ち物を最小限に押さえているので、断捨離とは意味合いが変わってきます。
断捨離の「断」は不要な物を断る(新たに入ってくる物)、「捨」は不要な物を捨てる(家にずっとある物)、「離」は執着から離れる(物に対する)、という意味があります。
そのため、ミニマリストになるためには断捨離が必要ですが、ミニマリストは生活スタイルのひとつであり、断捨離はそのための行動、という違いがあります。

ミニマリストの対極は?

ミニマリストとの対極に「マキシマリスト(maximalist)」という物があります。
マキシマリストというのは、趣味の物などたくさんの物を所持している人々のことで、物が捨てられず、物屋敷になっている人などもそうです。
人それぞれ幸せの感じ方は違うので、どちらが良い、悪い、ということはありません。部屋がスッキリしていることが嬉しくてたまらない人もいれば、自分のコレクションに囲まれて暮らすことが幸せな人もいるのです。

ミニマリストのメリット

ミニマリストになると、メリットはたくさんあります。
ミニマリストは余計な物は買いません。そのため浪費することがなくなり、お金の節約にもなります。無駄なお金の使い方をしなくなり、お金も貯めやすくなるでしょう。
物に対しての判断が研ぎ澄まされていくことにより、時間の使い方も洗練されていきます。無駄な時間を過ごすことが減り、より充実した時間を過ごすことができるのです。
ミニマリストの生活は、持ち物が最小限なので床や棚などがよく見え、掃除もしやすくなります。部屋がスッキリしていて綺麗な状態を保つことができると、心にも余裕ができますよね。

節約になる

ミニマリストは、必要な物だけしか買い物をしません。買うのは本当に必要な物、必要と思った時、必要な分だけ。必要最小限の物しか部屋にないため、長く使えるように物を大切に扱います。節約になるので金銭的にもメリットにもなりますね。
例えば無駄遣いが減ると貯金が増えますし、物が減ると、結果的に生活費も減らすことができる、ということも可能になってきます。お金が貯まると貯金や自己投資にも回せるようになり、人生の充実度もあがるでしょう。

自由な時間が増える

ミニマリストは、持たなくていい物は持たない、やらなくてもいいことはやらない、など決断を繰り返していくので、無駄を省きながら生活する力が養われています。そうしていくうちに、自分の時間の使い方や行動を納得し、より自分らしく豊かな生活を送ることができるのです。また、部屋がきれいに片付いているため、片付けに必要な時間や捜し物をする時間がなくなり、より自分の自由時間が増えていきます。
自由な時間が増えると、人との交流の時間や自分の趣味に費やす時間を増やすことができて、より充実した日々を送ることができるでしょう。

掃除が簡単になる

使わないのに捨てることができず、いつまでも部屋に置いているだけという物が多いと、物であふれる部屋になってしまいます。
ミニマリストはというと、そもそも不要な物は部屋にありません。いたってシンプルで、必要最低限の物だけで生活をしています。物が少ないので、掃除の際も、物を持ち上げたり移動させたりする必要がなく、ストレスフリーな状態で掃除ができるのです。その結果、こまめな掃除も簡単に続けることができ、清潔を保てます。

心に余裕ができる

次に、精神面に良い効果をもたらす例をあげます。ミニマリストの部屋は常に整理整頓されているため、イライラが減ります。部屋が片付いていると気持ちが良いので、家に帰るのも楽しくなりますし、くつろぎの場所になるのでリラックスできます。
余計な物が目に入らず誘惑が減るため、仕事や作業がはかどり満足感が得られるでしょう。無駄な物がなくなると、部屋にスペースも生まれて心がスッキリします。シンプルな部屋は目に入る情報も少なくなるため、気持ちが落ち着き心に余裕ができるのです。

ミニマリストのデメリット

ミニマリストのデメリットとして、今までの価値観を大きく変えていこうとすることで、心の中に葛藤ができたり、自分にとって不都合なことが起きたりすることもあります。
ミニマリストを目指すやり方が極端になったり、違った方向に進んでしまうと、逆に生活に支障をきたしてしまうことがあるのです。そうした事が起きないよう気を配り、素敵なミニマリストライフを送ることができるよう行動しましょう。
ここでは、ミニマリストを目指す上での注意点をいくつかあげていきます。

捨てる時のうしろめたさがある

ミニマリストを目指して行動する時に、物を捨てるということにこだわりすぎると、必要な物まで捨てたりと、かえって生活に支障をきたしかねません。
ミニマリストの人のまねをして、洋服の数を減らしすぎたり、自分に合っていないやり方をしてしまうと、自分らしくない暮らし方になってしまいます。
物を捨てるときに、誰かにもらった物や高価な物を捨てることになると、なにか後ろめたく感じることもあります。自分の心を見つめながら良い捨て方をしましょう。

同居人とトラブルになってしまうこともある

自分が生活しているところに家族などの同居人がいる場合、自己判断で物を捨てられない場合があります。そのような場合にはミニマリストを目指して断捨離を行う時でも、物を捨てることを慎重に考えながら実行しましょう。自分がもう必要ないと思っても、もしかしたら同居している人にとっては必要な物かもしれません。断りなく同居人が必要な物を捨ててしまったときには、トラブルになりかねないので注意が必要です。自分の考えを押し付けず、同居人の考えに歩み寄りましょう。

ミニマリストの物の選び方

ミニマリスト2
ミニマリストの物の選び方にはポイントがあります。
食器や衣類など、どのようなシーンでも使えるように考えていくと、結果的にシンプルな物を選ぶようになります。その品物は長く使えるかどうかという観点からも考えましょう。
そして何より大切なのは、その品物を心から好んで愛用できるかどうかということです。せっかく買ったのに、自分が気に入らないと意味がありません。持ち物を少なくするために、複数の用途で使えるかどうかを考えつつ、好みの品物を選びましょう。

シンプルなものを選ぶ

自分の所有するあらゆる持ち物は、できる限りシンプルな物にしましょう。例えばお皿1つにしても、少ない数のお皿をあらゆるメニューに使うとすれば、和、洋、中華等のどのようなメニューを盛り付けても違和感なく使えるお皿にする必要があります。どのメニューでも使えなければ、結局何枚もお皿を用意することになるからです。
衣類なども同じです。例えば、上下をどの組み合わせにしてもマッチする物を考えて選べば、枚数を最小限にすることができます。

長く使えるかどうかを考える

ミニマリストであれば、できるだけシンプルで長く使える物を選びたいものです。
流行り物などは、流行りが終わると不要になることも多いはず。物を購入する際には、長く使えるか、本当に必要なのかを一度よく考えてみてください。
家具であれば、色のテーマ、デザインを決めて統一性をもたせるとよいでしょう。木製やモノトーンにすると失敗しにくいですね。
デザインは定番にすると流行りに左右されず、ずっと使うことができます。家具やアウターなど、比較的高価な物は一生使うつもりで選ぶと良いでしょう。

心から好きなものを選ぶ

ミニマリストにとって、大切なことは充実した暮らしです。すっきりとした部屋で、過ごしやすく気持ちの良い生活になることは重要です。
シンプルさにこだわるあまり、無理をしてなんとなく好きではない物を選んでしまっては長続きしません。長く使えそうな物でも持っていて心がときめかなかったり、楽しい気持ちになれない物は自分には合っていないアイテムです。
心の充実を求めることも大切にするミニマリストですので、自分の身の回りの物は何が大切なのかを見極めて選びましょう。

複数の用途で使えるかで選ぶ

物を少なくするには、汎用性の高い物を買うようにしましょう。
例えば洋服なら、限られた季節だけ使う物はできるだけ減らし、オールシーズン使える物を選ぶと、洋服の数を減らすことができます。また、カジュアルでもフォーマルでも通用する洋服を選ぶとよいですね。
食器も同じように汎用性の高い物だと、和食、中華、洋食など、どのようなメニューにも対応できて、食器の数を少なくできるので便利です。自分のライフスタイルを考えながら、工夫していきましょう。

ミニマリストになるためにまずすべきことは?

いざミニマリストになろう!と思っても、何から始めたら良いのか迷ってしまいますよね。物を捨てたり、今までの暮らしを変えることはとても大変なことです。一度にいろいろ挑戦しようとすると疲れてしまったり、うまくいかなかったりすることもあるはず。
ミニマリストになるためには、いくつかのポイントがあります。自分のペースに合わせて、ポイントにひとつひとつ挑戦してみましょう。

断捨離をする

断捨離というと、片付け術というイメージが強いかもしれませんが、最大のコンセプトは物への執着を捨てることです。物への執着を捨てることで、身の回りをきれいにし、ストレスから開放されて、心がスッキリさせるということが、断捨離の目的です。
使わない物や必要ない物を手放すことにより、自分にとって本当に必要な物、価値がある物がわかってきます。
実際に体験しないとわからないことがあるので、思い切って最初の1歩を踏み出しましょう。

物の置き場所を決める

ミニマリストを続けるコツの1つとして、収納場所をきちんと決めておくということがあります。置く場所をきちんと決めておくと、その場に置きっぱなしにしたり、部屋が散らかるのを防ぐことができます。簡単なことに思いますが、意外と置き場所が決まっていない物は多いはず。
例えば、食器なら食器棚の決められた場所を作りましょう。そして、決めた場所に入る量だけを所有するようにします。そうすると余分な物を手に入れる可能性が減り、収納場所を増やす必要もなくなります。収納場所が決まっていないと、同じ物があっても気づかず余分に物を買ってしまうということになります。物の定位置をしっかりと決めてあげましょう。

1つ買ったら1つ捨てるようにする

物は、持っているだけ収納場所が必要になります。洋服などは、ちょっとしたデザイン違いやカラーなど、選択肢が多いのでいろいろ欲しくなりますよね。
できるだけ物を増やさないようにするためにも、絶対に必要でなければ同じような物は買わないようにしましょう。どうしても買いたくなったときには、以前から持っている同じような物は捨てるようにします。極力物を増やさない努力をして、一定量に保つようにしましょう。そうでなければ、いつの間にか物が増えてミニマリストの生活とはかけ離れた物になってしまいます。

日用品はストックしない

日用品(洗剤、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、歯ブラシ、石鹸等々)は家にストックを置いておくと、なくなったときにすぐ使えて便利です。けれども、ついつい大量にストックしてしまって引き出しがいっぱいになったり、収納棚に収まりきれなくなったりと、収納スペースを圧迫してしまいます。
手軽に購入できる日用品は、必要なときにその都度買うようにしてストックを持たないようにするのが理想です。家族が多かったり、使用頻度の高い物のストックは最低限の確保にすると良いでしょう。

ミニマリストにおすすめ。シンプルアイテムのご紹介

ここでは、ミニマリストのニーズにピッタリな商品をご紹介します。
日常的に使用している物を見直していくことは、無駄をなくしていくことにつながります。使用頻度の高い物ほど、無駄な時間が少なくなるようなアイテムを選びたいですよね。小さなことでも、積み重なっていくと、月日がたつにつれて膨大な時間になります。人生を豊かにするためにも、少しの無駄でも省く工夫をしましょう。
ここでご紹介する商品は、実際にミニマリストが愛用している、またはおすすめの商品です。ぜひ参考にしてみてください。

商品①「Shupatto コンパクトバッグ Mサイズ」

Shupatto コンパクトバッグ Mサイズ1

小さく畳むことのできるエコバッグはたくさんありますが、うまく畳めなかったり、めんどうくさいという方もいるはず。こちらの商品は、両端を持って引っ張ると一気に畳むことができ、手間も掛かりません。とても小さく畳めるので、バッグにひとつ入れておいても邪魔にならず、重宝するでしょう。エコバッグを持っていると節約にもなりますし、環境にも優しいです。
色・柄のバリエーションは8種類から選べるので、きっと好みの物が見つかるはずです。

商品②「雨晴兼用 フック付き軽量折りたたみ傘 100g」

雨晴兼用 フック付き軽量折りたたみ傘 100g

持っていることを忘れてしまう約100gの超軽量折りたたみ傘。雨だけでなく、UVカット95%以上で日傘としても使えるので、傘を何本も持つ必要もなくなります。
強い風が吹いた時に折れないようにわざと反り返るように設計されているので、機能面もバッチリです。
持ち手がフックになっているので、リュックやカバンに引っ掛けて持ち運びにも便利。もちろんバッグの中に入れても気にならないコンパクトサイズで、負担なく持ち歩けます。
色はグレー、ネイビー、オレンジ、から選べるので、男女問わず愛用できますね。

商品③「2way マットレスにもなる おりたたみピラミッドクッション Liine リーネ」

2way マットレスにもなる おりたたみピラミッドクッション Liine リーネ

こちらの商品は、マットレスにもなる1人用ソファ。ファスナーで簡単に折り畳むことができます。折り畳み時に、中にクッションやブランケットなども収納することもできるので、すっきりとした部屋を維持できるでしょう。物を増やしたくないミニマリストにぴったりですね。
素材には高密度高反発ウレタンフォームが使用されており、気になる寝心地も問題なく、クッション時にもしっかりと身体を預けられます。
カラーは6色から選ぶことができるので、きっと気に入る物が見つかるはずです。

まとめ

まとめ
今回はミニマリストについて、さまざまな角度から紹介しました。ミニマリストになるといかに素敵な生活を送ることができるか、垣間見ることができたのではないでしょうか。
しかし、実際に自分自身で実感してみないと本当の素晴らしさはわからないですよね。
この記事を参考に、自分にあったやり方で、ミニマリストを目指してみませんか?今まで身の回りにあった、さまざまな余分な物を排除することができたら、きっと心地よい素敵な生活が実現できるはずです。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する

KEYWORD

#人気のキーワード