スローライフ
生き方

スローライフとは?意味・暮らし方のコツ・実現させる方法を解説

後で読む・お気に入りに保存する

「ゆったりとした時間を過ごしたい」「スローライフってどんな生活だろう」など、忙しい日々を離れて、落ち着いた生活を送りたいと考えている方は多いでしょう。

ゆったりとした時間を作ることで、自分の人生を振り返ったり、将来について考えたりすることができます。しかし、スローライフの始め方が分からない方も多いかと思います。

そこでこの記事では、スローライフの意味やスローライフを送るためのコツ、実現するための方法について紹介します。

スローライフとは

スローライフとは、時間や効率、利便性を気にせず、自分の時間にゆとりを持って生活することです。ここからはスローライフの考え方について、さらに詳しく解説していきます。

時間を気にしないゆとりある生活

スローライフは、仕事や家事など、時間に追われる日々を送る現代社会に対する疑問から生じた考え方と言われています。

テクノロジーの進歩によって情報が溢れ、オンラインで簡単に人とつながれる生活は、気付かない間に私たちから休息やゆっくり考える時間を奪ってしまいました。

スローライフは、自分自身や生活スタイルを見つめ直す時間になるため、ストレスの軽減につながるメリットもあります。

スローライフ=田舎暮らしではない

ゆっくりした時間や生活を想像すると、自然が広がる田舎で暮らすイメージがあります。しかし、スローライフは田舎に暮らさないと実現できないわけではありません。都会であっても、自分の時間を大切にする考え方を持つことで、スローライフの実現が可能です。

自分が置かれている環境に合わせて実践できるのが、スローライフの利点です。田舎に移住しなくても、自分の時間を作る意識を持つことで、スローライフを実現できます。

スローライフ=田舎暮らしではない

スローライフを送るなら「田舎」と「都会」どっちが良い?

自然が多い田舎では、人の多さによるストレスは軽減されます。しかし、人によっては不便な生活環境がかえってストレスになることもあるでしょう。

ここからは、「田舎でのスローライフ」と「都会でのスローライフ」の違いと特徴を紹介します。

田舎暮らしのメリット:自然に囲まれた生活ができる

田舎暮らしは、都会の生活と比べて自然に触れる機会が増えます。山間部に住めば豊かな緑と森林浴を楽しめますし、海辺であれば波の音に癒やされるでしょう。

とくに、人混みが苦手な方には田舎でのスローライフが向いており、通勤ラッシュや混雑した場所とは無縁で、ストレスを感じにくいというメリットがあります。

田舎は都会と比べて、流行や社会的な風潮の影響が少ない傾向にあります。そのため、周囲の影響を受けにくく、自分のペースで生活できます。ただし、田舎はご近所付き合いがさかんであることを念頭に置く必要があるでしょう。

また、田舎でのスローライフは、自給自足の生活がしたい方にもおすすめの環境と言えます。家庭菜園で農作物を育てたり、環境循環型の暮らしを送ったりすることにより、自然のエネルギーを直に感じながら、ゆったりとした時間を過ごすことができるでしょう。

自給自足には「電気の自給自足」という考え方もあります。例えば、自宅に太陽光発電と蓄電池を導入すれば、太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めて昼夜・天候を問わず使うことができます。 さらに、「おひさまエコキュート」も導入すれば、太陽光で発電した電気を使ってお湯を沸かすこともできます。

また、電気の自給自足は防災にも役立ちます。太陽光発電と蓄電池があれば、自然災害などで停電が発生したときでも日常に近いかたちで電気を使うことができます(※1)。エコキュートがあれば、いざというときにエコキュートに貯めたお湯をポリタンク約20個分の生活用水(※2)として使うことができます。

※1:設計時に選定したコンセントが利用できます。特定負荷型は一部200Vの家電製品への使用ができないものもあります。

※2:370Lのエコキュートで使えるお湯の量に対し、18Lポリタンクを使用した場合です。

でんきとの新しいくらし方

東京電力グループでは、初期費用0円(※3)で太陽光発電・蓄電池等の電化機器を導入できるサービスをご紹介しています。ご自宅に合った機器とサービスの組み合わせは、以下のプラン診断からご確認ください。

「でんきとの新しいくらし方」のプラン診断(無料)を試す

※3:初期費用とは機器費用と標準工事費を指します。ご契約いただくサービスにより初期費用として足場費用等がかかる場合があります。また、おひさまエコキュートが住宅に標準採用されている場合、ご契約の建築会社へ直接お支払いが生じます。

都会暮らしのメリット:利便性に優れた生活ができる

都会でのスローライフの魅力は、交通や買い物などの利便性です。田舎暮らしと比べると、必要な物が手に入りやすい点は魅力でしょう。

しかし、都会は人が多く混雑しやすいため、居住地域の選定はポイントになります。都心から少し離れた郊外には、静かで落ち着いた雰囲気がある地域もあり、都会でのスローライフを目指すにはおすすめです。

また、混雑する朝と夕方の時間帯を避けて行動することも、スローライフを過ごすための工夫のひとつです。

都会暮らしのメリット:利便性に優れた生活ができる

スローライフを実現するためのコツ

ここからは、スローライフを実現するコツを紹介します。いきなりすべてを変えるのではなく、ここで紹介するコツを参考に、自分らしいスローライフを実現しましょう。

時間の無駄使いがないか生活を見直す

自分の1日を振り返り、時間を無駄使いしていないか見直してみましょう。まずは自分がどのような時間の使い方をしているかを認識することがスタートです。

次に、もっと時間を割いてやりたいことを考えつつ、1日の中で削れそうな時間がないか探してみましょう。1回にまとめられる家事や不要な外出などがあるかもしれません。

ただし、何もしない時間が大切なのであればそれは残しておくなど、時間にゆとりを持つように心掛けましょう。

家事や趣味に手間や時間をかけて丁寧な暮らしを実践する

スローライフで心にゆとりができると、自分や家族のために手間や時間をかけられるようになります

家族との時間や趣味の時間など、大事なときを過ごす際には時間を気にせず過ごしましょう。例えば、「いつもより手の込んだ料理を作る」「平日に子どもと一緒にお出かけする」「普段、掃除しない場所を掃除する」「やってみたかった資格勉強を始める」など選択肢は無限大です。

家事や趣味に手間や時間をかけて丁寧な暮らしを実践する

「デジタルデトックス」を実践する

スローライフを実現するために、デジタルデトックスにも挑戦してみましょう。デジタルデトックスとは、テレビやPC、スマホなどのデジタルデバイスを使用せずに生活することです。

現代においてはスマホやテレビなどのデジタルデバイスから毎日大量の情報が流れてくるため、頭や目だけでなく心が疲れてしまうこともあります。

スローライフにおいては、情報と接する距離感のバランスが大切です。デジタルデバイスから距離を取り、目の前に広がる自然の豊かさや景色、音を意識すると、よりリラックスした時間を過ごせます。

仕事や生活環境を見直す

仕事や生活環境は1日のうち大きなウェイトを占めるため、仕事や生活環境を見直すことでスローライフの実現につながります。

仕事と自宅の時間のメリハリを持ち、自宅での時間を大切にするために仕事をするという考え方に切り替えていくのもひとつの手でしょう。

また、帰宅の際に買い物をして帰るなど、時間の節約を考えることも、スローライフの時間を確保するには大切です。

自然と触れる時間をつくる

休日に山や森、川、海などに出かけて、時間がゆったりと流れるのを感じるのも良いでしょう。自然豊かな場所に行くことで、日常の忙しい時間を忘れ、自然に身を預けることができます。

自然に囲まれた場所でなくとも、近所の公園へ散歩に行くだけでも効果は十分にあります。その他にも家の中に観葉植物を置いたり、庭に好きな植物を植えたりするのもおすすめです。

太陽の光を浴びることは、植物だけでなく私たち人間にも必要です。毎朝起きたら日光浴から始める1日も良いですね。

自然と触れる時間をつくる

まとめ

スローライフとは、時間や効率を気にせず、ゆとりのある生活を楽しむことを指します。今回は、田舎と都会で送るスローライフの違いやメリットを紹介しました。

自然に触れる時間を作ることやデジタルデトックスなど、スローライフを実現するコツを活かし、自分に合ったスローライフを手に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

Facebookでシェアする
LINEでシェアする

後で読む・お気に入りに保存する

KEYWORD

#人気のキーワード