くらひろお手軽レシピ:豚チャーシューと小松菜のオイスターソース焼きそば

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

豚チャーシューと小松菜のオイスターソース焼きそば

豚肉はビタミンB1が豊富で、糖質の代謝を促してエネルギー生産を活発にし、疲労回復やスタミナ増強の効果が期待できます。にんにくに含まれるアリシンは、ビタミンB1の吸収や効果を高めるため豚肉と相性がよいです。小松菜はカルシウムが豊富でビタミンKも含まれているため、骨の強化に役立ちます。

栄養情報(1人分)

熱量(473kcal)、たんぱく質(20g)、脂質(13g)、炭水化物(67g)、塩分(3.5g)

材料(2人分)

  • 豚チャーシュー

    100g

  • 小松菜

    1/2束(100g)

  • 赤パプリカ

    1/2個(100g)

  • にんにく

    1/2かけ(5g)

  • 生姜

    1/2かけ(5g)

  • 焼きそば用蒸しめん

    2袋(300g)

  • ごま油

    大さじ1

  • 少々

  • こしょう

    少々

    • オイスターソース

      大さじ1/2

    • 醤油

      大さじ1/2

作り方

豚チャーシューは1cmの細切りにする。小松菜は4cm幅に切る。赤パプリカは千切りにする。にんにく、生姜はみじん切りにする。
豚チャーシューは1cmの細切りにする。小松菜は4cm幅に切る。赤パプリカは千切りにする。にんにく、生姜はみじん切りにする。
フライパンにごま油、にんにく、生姜を入れ火にかけ、香りが出たら豚チャーシューと焼きそば用蒸しめんを加え、塩こしょうを振り、麺をほぐしながら炒める。
フライパンにごま油、にんにく、生姜を入れ火にかけ、香りが出たら豚チャーシューと焼きそば用蒸しめんを加え、塩こしょうを振り、麺をほぐしながら炒める。
2に小松菜、赤パプリカ、Aを加え炒める。
2に小松菜、赤パプリカ、Aを加え炒める。
器に盛りつけてお召し上がりください。
器に盛りつけてお召し上がりください。

調理・料理のポイント

麺に焦げ目をつけると香ばしくなり、美味しいです。
麺に焦げ目をつけると香ばしくなり、美味しいです。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する