くらひろお手軽レシピ:ツナとじゃが芋のお焼き

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

ツナとじゃが芋のお焼き

ツナ缶にはDHAやEPAが豊富に含まれており、生のお魚を使うより手軽に摂ることができます。DHAは脳や神経の成長に必要で、目の栄養にもなります。じゃがいもは体を動かすエネルギーになる炭水化物が豊富です。また、じゃがいもに含まれるビタミンCはでんぷんに包まれているため壊れにくいのが特徴です。

栄養情報(1人分)

熱量( 463kcal)たんぱく質( 18g) 脂質(13g)炭水化物(63g)塩分(2.4g)

材料(2人分)

  • じゃが芋

    1個(150g )

  • ツナ缶

    1/2缶

  • 玉ねぎ

    1/10個(20g)

  • ごま油

    小さじ1

    • 醤油

      小さじ1

    • 片栗粉

      大さじ1/2

    • マヨネーズ

      小さじ1

    • 少々

作り方

じゃが芋はよく洗い鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え火にかけ、沸騰したら約20分柔らかくなるまで茹で、皮を剥き潰し、ボウルに入れAを加えて混ぜ、4等分にする。玉ねぎはみじん切りにし、耐熱容器に入れラップし、500Wのレンジで1分加熱しておく。
じゃが芋はよく洗い鍋に入れ、かぶるくらいの水を加え火にかけ、沸騰したら約20分柔らかくなるまで茹で、皮を剥き潰し、ボウルに入れAを加えて混ぜ、4等分にする。玉ねぎはみじん切りにし、耐熱容器に入れラップし、500Wのレンジで1分加熱しておく。
ボウルにツナ、玉ねぎ、を入れ混ぜ4等分にして、1のじゃが芋に包む。

ボウルにツナ、玉ねぎ、Bを入れ混ぜ4等分にして、1のじゃが芋に包む。
フライパンにごま油を熱し、2を並べ、両面焼き色をつけるように焼く。
フライパンにごま油を熱し、2を並べ、両面焼き色をつけるように焼く。
器に盛りつけてお召し上がりください。
器に盛りつけてお召し上がりください。

調理・料理のポイント

じゃが芋は芽があれば取り除き、熱いうちに皮を剥いて潰しましょう。
じゃが芋は芽があれば取り除き、熱いうちに皮を剥いて潰しましょう。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する