おでかけ

【銭湯の持ち物リスト完全版】必要な物・マナーを初心者向けに解説!

後で読む・お気に入りに保存する

銭湯の大きなお風呂は開放感があり、日々の疲れをいつも以上に癒すことができます。最近はサウナに入るのが好きな「サウナー」が増えている影響もあって、家にお風呂があってもわざわざ銭湯に通うという人も少なくありません。

しかし、初めて銭湯に行く場合、何を持っていけば良いのか、銭湯ならではのマナーがあるのかなどさまざまな不安があるでしょう。

そこで今回は、銭湯初心者の方に向けて、銭湯に行く際に必要な物や覚えておきたいマナーをご紹介します。

これで安心!銭湯の持ち物チェックリスト

銭湯に行く際には、最低限以下の物を持参しましょう。

銭湯の持ち物チェックリスト

□ 小銭
□ シャンプー・コンディショナー・石鹸・洗顔料
□ シャンプー類を入れるバッグ
□ 体を洗うスポンジ・タオル
□ 水を入れた水筒やペットボトル
□ 化粧落とし・入浴後のスキンケア、メイク道具(必要な人)
□ ビニール袋
□ タオル類
□ 着替え
□ ヘアゴム、シャワーキャップ(髪の長い人)

ここからは、それぞれの持ち物について必要な理由を解説します。

小銭

銭湯の利用には、当然お金がかかります。そのため、お金は必ず持参しなければなりませんが、可能な限りお札よりも小銭を多めに持っていきましょう。小銭は飲み物代やドライヤー代など、銭湯内で使う機会が多いからです。特に、10円玉が多くあるとドライヤーを使う際に安心です。

シャンプー・コンディショナー・石鹸・洗顔料

シャンプーやコンディショナー、石鹸、洗顔料も持参しましょう。銭湯によっては置いてある所もありますが、自分の肌に合った物を使ったほうが安心です。また、「銭湯にあるだろう」と思い込んで持参しなかった場合、銭湯に置いてなかったという事態に陥る可能性もあります。

旅行用のミニサイズや1回分の量がパウチに入ったものを利用すると、持ち運びやすくて便利です。

シャンプー類を入れるバッグ

シャンプーやコンディショナー、石鹸、洗顔料を浴場に持っていくためのバッグも必要です。バッグが濡れる可能性もあるため、濡れてもよいビニール素材のバッグや水はけのよいバッグを使いましょう。

特に、「スパバッグ」は水はけのよいメッシュ生地で、すぐに乾くため銭湯に最適です。

スパバッグ

体を洗うスポンジ・タオル

体を洗うスポンジやタオルも自分で持参します。普段から使い慣れているスポンジやタオルを持参すると、手際良く洗えるでしょう。

特にタオルにこだわりがない場合は、すすぎやすく絞りやすい薄手のタオルが便利です。

水を入れた水筒やペットボトル

水を入れた水筒やペットボトルも忘れずに持っていきましょう。入浴すると体内の水分が減るため、脱水症状を防ぐために水分補給が必要になります。一部の銭湯には冷水機が設置されていますが、設置されていない銭湯もあるため、自分で水分を持参しておくと安心です。

保冷性のある水筒であれば、いつでも冷たい水が飲めるためおすすめです。

化粧落とし・入浴後のスキンケア、メイク道具

メイクをしている方は、化粧落としや入浴後のスキンケア、メイク道具も持参します。化粧落としやスキンケア用品は、サンプルがあるとコンパクトで荷物にならないため便利です。普段からサンプルを集めておくと、銭湯だけでなく旅行などにも役立ちますよ。

ビニール袋

ビニール袋も忘れずに持参しましょう。着替えた衣服や使い終わって濡れたタオルを入れる際に使用します。

下着が見えるのが気になる人は、透明の袋ではなく黒色の袋がおすすめです。

タオル類

体を洗うタオル以外にも、体を拭くタオルが必要です。タオル類は、浴室で使うフェイスタオルと脱衣所で使うバスタオルが必要になるため、最低でも2枚は持参しましょう。

タオル

着替え(下着を含む)

下着を含めた着替えも必要です。下着や靴下などのインナーウェアのみでも構いませんが、全て着替えたい場合は全て持参しましょう。この際湯上がりに着るもの、かつ着て帰るものを想定して着替えを選ぶことが大切です。

ヘアゴム、シャワーキャップ(髪の長い人)

髪の長い人はヘアゴムやシャワーキャップも持っていきましょう。

髪の長い方がヘアゴムやシャワーキャップをせずに入ると、髪がお風呂についたり、落ちて浮いたりしてしまいます。銭湯は多くの人が湯船につかりますので、湯船を清潔に保つためのマナーとして、ヘアゴムやシャワーキャップが必要です。

銭湯における正しいマナーとは?

銭湯は、多くの人が利用します。そのため自由に楽しめる家庭のお風呂とは違い、マナーを守って利用しなければなりません。普段の入浴時は意識していないことでも、気を付けなければならないことがいくつかあります。

そこでここからは、銭湯における正しいマナーをご紹介します。マナーを守って、気持ちよく銭湯を楽しみましょう。

【入浴前】体調の悪いとき・お酒を飲んだ後には銭湯に行かない

まずは、体調がすぐれないときやお酒を飲んだ後の銭湯は避けましょう。特に、体調がすぐれないときの入浴は自分自身の体のためにも避けるべきですが、不特定多数の人が利用する銭湯では風邪などをうつすリスクもあるので必ず控えるようにしましょう。

また、お風呂場はお酒の匂いが広がりやすく、周りの人を不快な思いにさせることがあります。さらに、飲酒直後の入浴は血圧の低下、不整脈などを起こしやすくなり、倒れたりケガをしたりする原因にもなりますので、お酒を飲んだ後は銭湯に行かないようにしましょう。

【入浴前】靴を下駄箱に入れる

靴は、出入り口に置いたままにせず、下駄箱を利用しましょう。ほとんどの銭湯には下駄箱が設置されています。

下駄箱が設置されている場所では下駄箱に入れ、靴を放置しないようにしてください。出入り口に放置していると、他の人の通行に邪魔になったり、靴を間違えてしまったりする危険があります。鍵付きの靴箱の場合は、鍵を閉めるのも忘れないようにしてください。

【入浴前】フロントで入浴料を払う

銭湯は、入浴前に入浴料を支払うことが多いです。靴を下駄箱に入れたら、フロントに行って先に入浴料を払いましょう。この際、サウナを使用する人は別料金がかかることが多いので、あらかじめ伝えておく必要があります。また、シャンプー類を忘れた人は入浴料の支払い時にフロントで購入しておきましょう。

【入浴前】脱衣場ではスマートフォンを使用しない

脱衣場ではスマートフォンの使用は避けてください。銭湯では、盗撮防止のためにカメラ機能があるスマートフォンの使用は禁止されているからです。
スマートフォンを使う場合は、フロントや休憩所など使用が認められている場所のみにし、脱衣場での使用は避けましょう。
また、スマートフォンを含む貴重品はロッカーへ入れ、ロッカーの鍵を紛失しないように注意してください。

脱衣場ではスマートフォンを使用しない

【浴室内】初めに全身を洗う

浴室に入ったら、お風呂に浸かる前に全身を洗います。これは、多くの人が利用する銭湯でのルールです。「入浴前に掛け湯をしてください。」と掛け湯のみを呼びかける張り紙もありますが、マナーとして全身を洗ってから入浴しましょう。

【浴室内】シャワーを使うときは座ったままで

座った状態でシャワーを使うこともマナーです。なぜなら、立った状態でシャワーをすると、周りに水が飛び散るからです。座った状態でも、周りに水しぶきがかからないように注意しましょう。

また、シャンプーなどの荷物を置きっぱなしにして場所取りをしないこと、イスや洗面器を使用した後はシャワーをかけて軽く洗い、元の場所へ置くこともマナーです。

【浴室内】かけ湯をしてから湯船に浸かる

湯船に浸かる際は、掛け湯をしてからにしましょう。掛け湯をすることは、汚れを落として湯船に浸かるというマナーを守ることはもちろん、体をお湯の温度に慣らす意味でも重要です。

【入浴中】湯船にタオルを浸けない

入浴中のマナーとして、湯船にタオルを浸けないようにしましょう。多くの人が利用する銭湯では、他人のタオルが浸かることが不快に感じる人もいます。

タオルは肩にかけたり、頭に乗せたりするなどして、湯船に浸けないようにしてください。

【入浴中】長い髪の人は肩より上で束ねる

長い髪の方は、タオル同様、髪が湯船に浸からないように肩より上で束ねて入浴しましょう。洗った髪であっても、湯船に髪がつくことを不快に感じる人は少なくありません。お互いに気持ちよく入浴できるように、髪を肩より上で束ねて入浴しましょう。

長い髪の人は肩より上で束ねる

【入浴中】私語を控える

入浴中は私語を控えて、静かに過ごしましょう。広いお風呂は声が響くため、普通の声量で話していても大きな声に聞こえやすいです。そのため大声で騒いだり、歌ったりすることはもちろん、私語も控えることがマナーです。

【入浴後】脱衣所の手前で体を拭く

入浴後は、脱衣場の手前で体を拭きます。体が濡れたまま脱衣場に行くと、脱衣場の床が水浸しになってしまうからです。

持参のタオルで体全身を拭き、足裏はバスマットで拭きましょう。浴場に持ち込むタオルはバスタオルではなく、小さめのフェイスタオルだと運びやすくて便利です。

【入浴後】脱衣かごやロッカーに忘れ物がないか確認する

体を拭いて着替え終えたら、直ちに脱衣場から出ます。この際、脱衣かごやロッカーに忘れ物がないかを確認しましょう。特に、ロッカーは次の人がすぐに使うこともあります。忘れ物があるとほかの人が利用できなくなるため、必ず忘れ物がないかを確認して脱衣場から出ましょう。

自分好みの銭湯の探し方

日本には多くの銭湯がありますが、それぞれで雰囲気や施設内容が大きく異なります。そのため、銭湯によって自分の好みか否かが分かれることも多いです。そこで最後に、自分好みの銭湯の探し方をご紹介します。銭湯を選ぶ際のポイントをお伝えしますので、リサーチの際に意識してみてください。

ポイントサウナやミストサウナの有無

まずは、サウナやミストサウナの有無を確認しましょう。銭湯によってサウナの有無が異なるため、サウナも楽しみたい方はサウナの有無の確認が必要不可欠です。

サウナやミストサウナの有無はホームページなどから確認するか、電話などで問い合わせておくと安心です。また、サウナ後、水風呂に入りたい方は、併せて水風呂の有無も確認しておくとよいでしょう。

サウナやミストサウナの有無

ポイント②天然温泉や炭酸泉の有無

天然温泉や炭酸泉の有無も、自分好みの銭湯を探す際に確認したいポイントです。銭湯の湯が温泉であるかどうか、また温泉の場合はどのような泉質なのか、事前に調べておきましょう。また、温泉はなくても、炭酸泉を用意している銭湯もあります。炭酸泉とは、炭酸ガスが溶け込んでいるお湯のこと。ぬるめの温度で入りやすく、血行促進効果や、美肌効果などがあることで知られています。

ほかにも、ジェットバスやマッサージバス等の有無も選ぶ際のポイントになります。自分好みのお風呂がある銭湯なら、よりリラックスできますよ。

ポイント③貸出品や備品の品揃え

貸出品や備品が充実しているかどうかもポイントです。例えば、レンタルタオルの有無や、備え付けのドライヤーの台数や種類などを確認しましょう。貸出品や備品の品揃えは、ホームページや口コミなどから確認できます。また、クラフトビールやおつまみなどを販売している銭湯や、食事処や宴会場がある銭湯もあります。ぜひ、販売アイテムや設備もチェックしておきましょう。

銭湯のリサーチに使えるサイトをチェック!

大阪府内、京都府内、東京都内で銭湯をお探しの方は、下記のサイトから検索することができます。上でご紹介した3つのポイントを押さえて、自分好みの銭湯を見つけてみてください。

大阪府:大阪府公衆浴場業生活衛生同業組「銭湯をさがす

京都府:京都府浴場組合「銭湯をさがす

東京都:東京都浴場組合「東京銭湯マップ

まとめ

広々とした空間で、ゆっくりと湯船に浸かれる銭湯。お湯の種類や設備、雰囲気など、銭湯によってさまざまな違いがあります。自分好みの銭湯を見つけて、マナーを守りながら銭湯でゆっくりとバスタイムを楽しみましょう。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

Facebookでシェアする
LINEでシェアする

後で読む・お気に入りに保存する

KEYWORD

#人気のキーワード