レシピ

くらひろお手軽レシピ:さつま揚げ入りにらたま

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

さつま揚げ入りにらたま

卵は完全栄養食と言われるほど栄養価が高い食品です。中でも良質なたんぱく質、ビタミンAやビタミンDが豊富です。ニラには卵にないビタミンCと食物繊維も豊富なので良い組み合わせです。ニラのにおい成分であるアリシンは滋養強壮・疲労回復も期待できます。さつま揚げを加えることでボリュームもアップします。

栄養情報(1人分)

熱量(222kcal)、たんぱく質(14g)、脂質(13g)、炭水化物(10g)、塩分(2.3g)

材料(2人分)

  • さつま揚げ

    2枚

  • 2個

  • にら

    1/2束

  • 醤油

    小さじ1

  • サラダ油

    大さじ1

    • 小さじ1/4

    • 小さじ1

作り方

さつま揚げは1cm幅に切る。にらは5cm幅に切る。卵をボウルに破りほぐし、Aを加えよく混ぜる。
さつま揚げは1cm幅に切る。にらは5cm幅に切る。卵をボウルに破りほぐし、Aを加えよく混ぜる。
フライパンに油を熱し、さつま揚げを加え焼き色がつくまで焼く。
フライパンに油を熱し、さつま揚げを加え焼き色がつくまで焼く。
2に卵を加え木べらで混ぜ、卵が完全に固まる前にニラを加え全体に火を通す。
2に卵を加え木べらで混ぜ、卵が完全に固まる前にニラを加え全体に火を通す。
器に盛りつけて美味しくいただいてください。
器に盛りつけて美味しくいただいてください。

調理・料理のポイント

卵を炒めるとき細かくしすぎないように優しく混ぜましょう。にらは歯応えを残すようにさっと火を通しましょう。"
卵を炒めるとき細かくしすぎないように優しく混ぜましょう。にらは歯応えを残すようにさっと火を通しましょう。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

Facebookでシェアする
LINEでシェアする

後で読む・お気に入りに保存する

KEYWORD

#人気のキーワード