くらひろお手軽レシピ:納豆と白菜のスパゲティ

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

納豆と白菜のスパゲティ

納豆は発酵していることにより、大豆より消化・吸収がよく、栄養価も高まります。ビタミンB2は大豆の約5倍も含まれ、脂質の代謝を促したり細胞再生を促す作用があり、肌や粘膜の炎症を予防します。また納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素には、血液をさらさらにする効果を期待できます。

栄養情報(1人分)

熱量(445kcal)、たんぱく質(17g)、脂質(10g)、炭水化物(68g)、塩分(2.0g)

材料(2人分)

  • スパゲティ(乾)

    160g

  • 納豆

    1パック(50g)

  • 白菜

    2枚(200g)

  • にんにく

    1/2かけ(5g)

  • 青じそ

    2枚

  • ごま油

    大さじ1

  • 少々

    • だし汁

      350cc

    • 醤油

      大さじ1

    • みりん

      大さじ1/2

    • 和風顆粒だし

      小さじ1/2

  • 海苔

    適量

作り方

スパゲティは表示通り茹でる。白菜は1cm幅に切る。にんにくはみじん切り、青じそは千切りにする。海苔はキッチンばさみで刻む。
スパゲティは表示通り茹でる。白菜は1cm幅に切る。にんにくはみじん切り、青じそは千切りにする。海苔はキッチンばさみで刻む。
フライパンにごま油とにんにくを入れ火にかけ、香りが出たら1の白菜を加え塩を振り、しんなりするまで炒める。
フライパンにごま油とにんにくを入れ火にかけ、香りが出たら1の白菜を加え塩を振り、しんなりするまで炒める。
2に1のスパゲティ、納豆、Aを加え全体に絡める。器に盛り青じそと海苔を飾る。
2に1のスパゲティ、納豆、Aを加え全体に絡める。器に盛り青じそと海苔を飾る。
器に盛りつけてお召し上がりください。
器に盛りつけてお召し上がりください。

調理・料理のポイント

納豆は粒が小さいものの方がスパゲティと合わせやすいです。
納豆は粒が小さいものの方がスパゲティと合わせやすいです。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する