くらひろお手軽レシピ:【余った節分豆でつくる】炒り大豆と豚ひき肉のタコライス風

後で読む・お気に入りに保存する

いつもの暮らしにもいそがしい毎日にも、ちょっとした工夫が素敵ないろどりをあたえてくれます。「くらひろ」でご紹介するお料理は、日々の食卓やお弁当に、ささっと手軽に “もう一品”を足すことのできるレシピばかり。ひとり暮らしの方にもふたり暮らしの方にも、こどものいる暮らしの方にも、美味しい出会いがありますように。

ご紹介するレシピはすべて2人分の材料です。
栄養情報は1人分となっています。

【余った節分豆でつくる】炒り大豆と豚ひき肉のタコライス風

大豆は畑の肉と言われるほど良質なたんぱく質が豊富です。たんぱく質だけでなく、オレイン酸やリノール酸、αリノレン酸などの良質な脂質も豊富に含まれています。これらは血中脂質を減らして血流を良くし、動脈硬化や血栓予防に役立ちます。トマトといえば赤い色素成分のリコピンが豊富で、強力な抗酸化力があり、老化予防に効果があると言われています。脂溶性なので脂質を含む肉類と一緒に摂ることで吸収率がアップします。

栄養情報(1人分)

熱量(659kcal)、たんぱく質(37g)、脂質(22g)、炭水化物(73g)、塩分(1.8g)

材料(2人分)

  • 豚ひき肉

    150g

  • 煎り大豆

    50g

  • 玉ねぎ

    1/4個(50g)

  • にんにく

    1/2かけ(5g)

  • レタス

    2枚

  • トマト

    1/2個

  • 茹で卵(半熟)

    1個

  • パセリ

    適量

  • オイスターソース

    大さじ1/2

  • 醤油

    大さじ1/2

  • オリーブオイル

    大さじ1

    • ケチャップ

      大さじ1

    • トマトピューレ

      100cc

    • 砂糖

      小さじ1

    • 小さじ1/2

    • チリパウダー

      小さじ1

  • ごはん

    300g

作り方

玉ねぎ、にんにく、パセリはみじん切りにする。レタスは千切り、トマトは1cmの角切りに、茹で卵は1/2に切る。
玉ねぎ、にんにく、パセリはみじん切りにする。レタスは千切り、トマトは1cmの角切りに、茹で卵は1/2に切る。
鍋にオリーブオイル、玉ねぎ、にんにくを入れ火にかけ、玉ねぎが透き通るまで炒める。
鍋にオリーブオイル、玉ねぎ、にんにくを入れ火にかけ、玉ねぎが透き通るまで炒める。
2に豚ひき肉を加え炒め、色が変わったら、煎り大豆とAを加え、蓋をして弱火で10分煮込み蓋を取り、木べらで混ぜながら水分を飛ばすように煮詰める。器に盛ったごはんに乗せ、レタス、トマト、茹で卵、パセリを飾る。
2に豚ひき肉を加え炒め、色が変わったら、煎り大豆とAを加え、蓋をして弱火で10分煮込み蓋を取り、木べらで混ぜながら水分を飛ばすように煮詰める。器に盛ったごはんに乗せ、レタス、トマト、茹で卵、パセリを飾る。
器に盛りつけてお召し上がりください。
器に盛りつけてお召し上がりください。

調理・料理のポイント

煎り大豆の歯応えが気になる方は、水の量を増やし、煮込み時間を長くして柔らかくしましょう。
煎り大豆の歯応えが気になる方は、水の量を増やし、煮込み時間を長くして柔らかくしましょう。
<半熟茹で卵の作り方>
卵は沸騰したお湯にやさしく入れ、8分茹で、取り出して冷水で冷まして皮を剥く。

レシピ監修:東京電力HD 管理栄養士 保科 琴美

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する