寒くて寝付けないなら体の中から温めよう!冬の夜を快適に過ごすための方法

後で読む・お気に入りに保存する

冬になると寒くて寝つきが悪くなりがちです。体を温めるグッズや、リラックスできるアロマなど、冬の夜も快適に過ごせる商品をご紹介します。

寒くて寝付けないなら、体の中から温めよう!冬の夜を快適に過ごすための方法

冬は寒くて寝つきが悪くなるという人は多いのではないでしょうか?しかし、だからといって分厚い服を着込んだり毛布を重ね掛けしたりすると、重苦しさや寝返りの打ちづらさを感じて、眠りづらく感じるものです。
体が冷たくて眠れないときには、体が温まるグッズを活用したり、温かい飲み物で体の中から温めるのがおすすめです。そこで本記事では、体を効率的に温めてくれる商品やリラックスできるアロマを紹介していきます。

冬の寝つきをよくするためには

冬の寝つきをよくするためには
冬の朝は「なかなか起き上がれない」「布団から出るのが億劫」といった声をよく聞きます。実際、寒い朝に温かい布団から出るのは苦痛ですよね。夜に寒くてなかなか寝付けず冬の朝が眠くて仕方がないという人も多いのではないでしょうか。
しかし、実は冬には夜の寒さ以外にも寝つきが悪くなったり、朝起きづらくなってしまう原因がいくつかあるのです。
こからは寒い冬でも、快適に夜を過ごせる方法をご紹介していきます。

寝室を適温に

寝室は寝る少し前からエアコンをつけ、朝までつけっぱなしにしておくのがおすすめです。寝室の室温を適温にしておくと寝付きやすいのはもちろん、夜中のトイレなどで起きてしまったときでもスムーズに眠りを再開できますし、朝起きるときもすんなり布団からでることができます。
エアコンの電気代を気にして布団の中のみを電気毛布などを用いて温めたり、厚着して寝るという方法を取る方も多いかと思いますが、これらを用いると寝ている間の体温調節が難しくなります。眠るときは寒いのに寝汗をかいて目覚める、という方は寝室全体の温度を一定に保ってみてはいかがでしょうか。
ただし、エアコンは空気が乾燥しやすいため、加湿機を使うなどして湿度についても調整を行う必要があります。

日中の活動量を増やす

先ほども少し触れましたが実は冬になかなか寝付けないのは寝室の寒さだけが原因ではありません。冬場は日中も寒く、日照時間も短いため、誰しも活動量が少なくなります。体が疲れていないと、どうしてもなかなか眠ることができませんよね。
また、日中に太陽の光を浴びておくことも適切な睡眠リズムを作る上で重要な要素ですので、日照時間が短いことも眠りにつきにくい原因の1つであると言えそうです。冬は寒くて引きこもりがちになりますがせめて朝起きたらカーテンを開けてなるべく太陽の光を浴びるようにしましょう。

冷えを根本から撃退する「温活」

寝つきの悪さの原因ともなる冷えですが、根本的に解決するには冷えた部分だけを温めるのではなく体の中から温めて血の巡りをよくする「温活」が効果的です。ぬるめのお風呂に長く浸かったり、温かいものを飲んだりして、体の中から温めてみましょう。温活には体のコリをほぐす効果もあるので「冬は首や肩がこわばって眠れない」という方にもおすすめです。

寝るときの乾燥にも気を付けて

前述のように寝ている間ずっとエアコンをつけている場合はもちろん、たとえエアコンをつけていなくも、冬の空気は乾燥しています。朝起きたら喉がガラガラ、肌や髪の毛も乾燥してしまっているのを感じたことはないでしょうか。
そんなとき室内の加湿を行うのはもちろん有効なのですが、実は気温の低い冬は喉が乾きにくく体内にも水分が足りていないことが少なくないようです。眠っている間は冬でも多くの水分が出て行ってしまうので、しっかり水分を取ってから眠るとよさそうですね。

手足が冷えて眠れないときに…

手足が冷えて眠れないときに…
寒くて眠れないという方の中には、特に手足が冷えてつらいという末端冷え性の方も多いと思います。私自身も足先の冷えで眠れず、靴下を重ね履きしたりしていたのですが、靴下を履いていても足が冷えたままであまり効果を感じられませんでした。
それではどのようにすれば、冷えを解消して冬でも心地よく眠ることができるのでしょうか?

手足は熱を出すところ!包み込むのはNG

眠るとき、人は体温が下がります。逆にいうと体から熱を放出して体温を下げないとなかなか眠りにつくことができません。熱の放出は手足から行われるため、靴下を履いたりして包み込んでしまうことは却って眠りを妨げてしまうかもしれません。

寒いときはお腹と首を温めよう

じゃあどこを温めればいいのか、と言うと、それは首やお腹です。血液が多く集まっている首やお腹を温めると温かい血が体中に巡っていきます。防寒として昔から腹巻やマフラーを使う人が多いと思いますが、これらは非常に理にかなった体の温め方なのです。
それではここからはお腹や首を温めるのに有効な商品をご紹介していきます。

スリーランナー 発熱・シルクサポーター (腹巻用)

手足が冷えて眠れないときに…

まずご紹介するのは、スリーランナーの発熱・シルクサポーターです。東レが開発した発熱素材「ウォームサーバ」が編み込まれており、空気中や体の水分に反応して発熱します。肌にあたる部分はシルク素材となっているため、蒸れにくく肌ざわりが良いのも嬉しいですね。

スヤスヤあったか ミニマフラー

手足が冷えて眠れないときに…

続いて紹介するのは首元を効果的に温めてくれるスヤスヤあったかミニマフラーです。普通のマフラーより小さいため、寝ている間も邪魔になりません。輪になっている部分に通してしっかり装着できるため寝返り時も安心です。
首は汗をかきやすい部分ですので、丸洗いできるのも嬉しいポイントですね。

温活女子のからだケア ちょいぬくジェルカイロ

手足が冷えて眠れないときに…

お腹でも首でもお好きなところを温めてくれるのが、こちらのちょい温ジェルカイロです。電子レンジで温めて使うため、繰り返し使うことができます。
同様のジェルタイプの湯たんぽなどは大きいため、温めるのにも時間がかかりますが、こちらはサイズが小さく600W40秒で温まるので手軽に使うことができますよ。

寒さで体がこわばって眠れないときに…

寒さで体がこわばって眠れないときに…
冬は肩がこりやすいように感じることはありませんか?寒さのせいで何となく体がこわばってしまい、スムーズに入眠できない人もいると思います。
そもそもなぜ冬は肩がこりやすくなるのでしょうか?

寒いときは肩に力が入りがち

寒いと肩に力が入ったり、歯を噛みしめてしまったりすることが多いですよね。寒いときに体がこわばるのは血圧を上げて体温を上げるための自然な反応で誰にでも起こり得ます。
さらに寒いと筋肉が硬くなり、肩こりがひどくなりがちです。体を温めるのはもちろんのこと、こっている首や肩をほぐせるよう、こまめにストレッチやマッサージを行うのがおすすめです。

首こり リラックス枕

寒さで体がこわばって眠れないときに…

本当に肩こりがひどいときはストレッチすら疲れてしまいますよね。疲れをとりたくて行うストレッチで疲れていたら本末転倒です。この首コリリラックス枕は首に当てて寝転ぶと、頭の重みで自然の首周りを伸ばせる商品です。ほどよいソフト感の枕が首周りを優しく受け止めてくれ、首に当たる部分にはツボ押し用の凹凸もあるのでマッサージ効果も得られます。
使用時間は5~30分なので寝ているときに使用することはできませんが、枕元においておいて寝る前や起きたときに使用すれば、無理なくストレッチを続けることができますよ。

アロマの力を借りてリラックスするのもおすすめ

寒い外ではどうしても体に力が入ってしまいますので、おうちに帰ってきたらアロマを炊いてリラックスできる雰囲気を演出するのもおすすめです。温かいお部屋で好きな香りに囲まれていればきっと少しずつ体の力が抜けていきますよ。

Ashleigh&Burwood(アシュレイ&バーウッド) リードディフューザー

寒さで体がこわばって眠れないときに…

アロマの本場イギリス・ロンドンで誕生した「Ashleigh & Burwood(アシュレイ&バーウッド)」は天然由来の質の高い香りで多くのアロマファンに親しまれています。こちらのリードディフューザーは容器に付属のスティックを差すだけでアロマを楽しむことができるのでアロマ初心者にもおすすめです。香りのラインナップも香りすぎず上品なものばかりなので非常に使いやすいですよ。

LUMINARA(ルミナラ) フレグランス アロマポッド

寒さで体がこわばって眠れないときに…

LUMINARA(ルミナラ) フレグランス アロマポッドはキャンドルの形をしたアロマディフューザーです。アロマキャンドルは香りとキャンドルの炎でリラックスできるアイテムですが、眠る前などは消し忘れが危険なので使用しづらいですよね。しかしこちらの商品はLEDキャンドルで、火を使用するわけでないので安全に使用できます。小さな灯りと良い香りを寝室で楽しめば、リラックスできて自然と眠りにつくことができそうですね。

温かい飲み物で体の中からほかほかに

温かいノンカフェインティーでお腹の中からほかほか
温かい飲み物を飲めば体の内側からほかほかと温まることができます。ですが、寝る前はカロリーやカフェインなどが気になってしまいますよね。
そんな方におすすめなのがノンカフェインティーです。ノンカフェインティーというと妊婦さんやお子さん用と考えている人も多いと思いますが、単純にカフェインの覚醒効果がないお茶として寝る前に日常使いすることもおすすめです。

ノンカフェインティーとして最も有名なのが麦茶でしょう。その他、ルイボスティーやコーン茶、ハーブティーなどもノンカフェインです。コーヒーや紅茶でもカフェインを取り除いたデカフェが見られるようになりました。
このように最近は販売されているノンカフェインティーの種類も増えており、味や香りもさまざまです。ぜひ自分のお気に入りのものを見つけて、寝る前の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

あったかグッズやリラックスアロマで冬の夜も心地よく

寒さや日中の活動時間の減少で、眠りにつくことが難しい冬の夜ですが、室温を調整したり、温かいお茶を飲んだりして体を温めれば、寝付きやすくなります。
日照時間が短く、時間的にも長い冬の夜ですので、眠りにつく前にマッサージャーでくつろいだり、アロマを楽しんでみたりするのもおすすめですよ。
何かと忙しい年末年始、ぜひ色々なグッズを用いて冬の夜を快適に過ごしてみてくださいね。

くらしに音楽をプラスしてみませんか

より良い仮眠をとりたいときにおすすめのBGM

くらひろでは、くらしに彩りを添えたり、健やかな⽣活を応援することをテーマとした⾳楽コンテンツをご⽤意しています。今回はその中から、より良い仮眠をとりたいときにおすすめのくらひろオリジナルBGMをご紹介します。

▼この BGM について

このBGMは、業務用BGMを提供しているUSENが埼玉県立大学健康開発学科 有竹清夏准教授と実施した「仮眠のための音楽に関する研究」から判明した、より良い仮眠をとりたいときにおすすめのBGMです。この楽曲はヴァイオリンやピアノを中心に、穏やかな入眠からすっきりとした目覚めに導く構成となっています。仮眠をするときのBGMとしてお使いください。

くらひろでは、会員様向けにくらしに彩りを添える音楽コンテンツを提供しています。
会員登録のみで無料で視聴できますので、ぜひ一度お気軽に視聴してみてください。

新規会員登録はこちら

【くらひろ音楽コンテンツ一覧】

免疫力を高める音楽/シニアの健康をサポートする音楽/家族でゆっくりお食事するための音楽/
女性のPMSを緩和する音楽/仮眠のための音楽/禁煙を支援する音楽

※新規会員登録完了後に「音楽を聴く」をクリックしていただくと音楽コンテンツページへ遷移いたします。
(PC:サイト上部/SP:MENU からご確認いただけます)
※すでに会員登録済の方は、ログイン後に「音楽を聴く」をクリックください。

株式会社USEN「音空間デザインラボ」
「仮眠のための音楽に関する研究」
研究監修者:埼玉県立大学健康開発学科 有竹清夏准教授

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する