健康寿命を音楽で延ばす?高齢者の健康維持のカギとは

後で読む・お気に入りに保存する

国民の4人に1人が65歳以上の高齢者である日本。平均寿命は伸びている一方で、いかに健康で楽しく暮らし続けられるかが問われています。今回は業務用BGMを提供しているUSENが埼玉医科大学短期大学 和合治久名誉教授と実施した「高齢者に対するBGMの効果研究」の結果とともに、高齢者の健康についてご紹介します。また、最後にリラックスして過ごしたいときにおすすめのBGMを実際に聴いていただけますので、是非ご視聴下さい。

平均寿命と健康寿命の差は「不健康な期間」

童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?
平均寿命と健康寿命との差は、日常生活に制限のある「不健康な期間」を意味します。平均寿命とは「0歳における平均余命」のことで、健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」のことをいいます。
参照:厚生労働省e-ヘルスネット 『平均寿命と健康寿命』

平均寿命と健康寿命の差は、平成22年の時点で男性 9.13年、女性12.68年となっています。
今後平均寿命が延びたとしても、健康寿命との差が拡大すれば、不健康な期間が増大することを意味します。健康で楽しく暮らし続ける工夫をして健康寿命を延ばし、不健康な期間を縮小することが重要です。
参照:厚生労働省 『平均寿命と健康寿命をみる』

高齢者の健康は口腔機能の維持がカギ

童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?
高齢者の健康のために、特に注目したいのが口腔機能です。
口腔は食事や会話、容姿といった人と人とのつながりや言語、非言語的コミュニケーションに欠かすことができない重要な役割を担っています。口腔機能が低下すると食べられる食物の種類や量が制限されるので、栄養のバランスがとりにくくなり、食事の質が悪くなるため、免疫や代謝といった機能の低下から病気にかかりやすく、治癒しにくくなります。

口腔機能が低下すると食欲が低下し、栄養が偏り不足するようになります。その結果、筋量や筋力が減少し、免疫、代謝といった機能も低下します。筋力が落ちると運動機能が低下し、不活発な生活となります。それに伴い代謝も低下するため、食欲も低下、さらに栄養が偏り不足していくといった悪循環が生じます。また免疫機能が低下すると様々な病気にかかりやすくなります。特に高齢者では肺炎などの感染症を繰り返し、寝たきりになることもあります。
参照:厚生労働省e-ヘルスネット『口腔機能の健康への影響』

音楽が高齢者の健康に良い!?

童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?
高齢者の健康を維持するためには、口腔機能の維持が重要。また、体温を上昇させ体の冷えを改善することも大切です。USENによる「高齢者に対するBGMの効果研究」によると、口腔機能の指標となる3つの数値と体温の上昇についての数値が、特定の音楽を聴くことによって良くなる傾向が見られました。

今回の実験では、80歳以上の高齢者15名を対象に、音楽を聴く前と聴いた後で唾液成分の分析と体温測定を行っています。
その結果、音楽を聴くことによって唾液の分泌量が増加し、ドライマウス改善の効果が期待できると言えることがわかったそうです。

唾液分泌量(ml)
童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?
童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?出典:株式会社USEN「音空間デザインラボ」

また、音楽を聴くことによって唾液中のIgA濃度の数値が増加したそうです。IgAは免疫物質の一種で、低下すると病気にかかりやすくなるそうです。

IgA濃度(μg/ml)
童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?出典:株式会社USEN「音空間デザインラボ」

さらに、唾液中のコルチゾール濃度の数値が減少したそうです。コルチゾールはホルモンの一種で不快なストレスや睡眠不足によって副腎皮質から過剰に分泌され、血糖値を高めたり免疫機能を低下させる作用を引き起こすそうです。

コルチゾール濃度(μg/dl)
童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?出典:株式会社USEN「音空間デザインラボ」

最後に、体温について見てみると音楽を聴く前よりも音楽を聴いた後のほうが体温が上昇していることがわかりました。この結果から音楽で体温を上げ、冷え性を改善する効果が期待できると言えそうです。

手の甲の温度(℃)
童謡や唱歌の調べに癒されて健康寿命が延びる?出典:株式会社USEN「音空間デザインラボ」

これらの結果から、音楽を聴くことによって、高齢者の健康状態が良くなり、健康寿命を延ばすこともできると言える可能性があるそうです。
健康維持のため何かを始めようと思っても、新しいことはついついおっくうになってしまいがち。音楽を聴くだけであれば、生活の様々な場面で取り入れられそうですね。

まとめ

今回は高齢者の健康と音楽の関係についてご紹介しました。音楽を聴くだけで、健康で楽しく暮らし続けることができるなら、ぜひ活用したいものですよね。

くらしに音楽をプラスしてみませんか

健康な老後を過ごすためにおすすめのBGM

くらひろでは、くらしに彩りを添えたり、健やかな生活を支援することをテーマとした音楽コンテンツをご用意しています。今回はその中から、健康な老後を過ごすためにおすすめのくらひろオリジナルBGMをご紹介します。

▼この BGM について

このBGMは、埼玉医科大学短期大学 和合治久名誉教授監修のもと行った実験結果から、副交感神経の働きを高めリラックスに導くスロー~ミディアムテンポのヒーリング楽曲をお送りします。懐かしい童謡や唱歌のメロディをアコースティックな優しい音色でお届けします

くらひろでは、会員様向けにくらしに彩りを添える音楽コンテンツを提供しています。
会員登録のみで無料で視聴できますので、ぜひ一度お気軽に視聴してみてください。

新規会員登録はこちら

【くらひろ音楽コンテンツ一覧】

免疫力を高める音楽/シニアの健康をサポートする音楽/家族でゆっくりお食事するための音楽/
女性のPMSを緩和する音楽/仮眠のための音楽/禁煙を支援する音楽

※新規会員登録完了後に「音楽を聴く」をクリックしていただくと音楽コンテンツページへ遷移いたします。
(PC:サイト上部/SP:MENU からご確認いただけます)
※すでに会員登録済の方は、ログイン後に「音楽を聴く」をクリックください。

株式会社USEN「音空間デザインラボ」
「高齢者に対するBGMの効果研究」
研究監修者:埼玉医科大学短期大学 和合治久名誉教授

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する