子供がワクワク楽しめる!おやつの時間を楽しくするスイーツ家電や調理家電

後で読む・お気に入りに保存する

おうち時間に親子でスイーツ作りに挑戦してみてはいかがですか?たい焼きメーカーやクレープメーカーなど、スイーツ家電を使えば子供でも簡単におやつ作りが楽しめます。今回は、スイーツ家電の選び方やおすすめのアイテムを紹介します。

子供がワクワク楽しめる!おやつの時間を楽しくするスイーツ家電や調理家電


子供にとって楽しみなおやつの時間。市販のお菓子はたくさんの種類がありますが、何を与えればよいのか、選ぶのに迷ってしまうこともあるでしょう。また、幼い子供がいる家庭では、市販のお菓子の食品添加物が気になるという人もいるのではないでしょうか?そんなときは、子供と一緒にお菓子作りにチャレンジしませんか?

砂糖や小麦粉、卵などベースとなる材料さえあれば、レシピ次第でバリエーション豊かなおやつが作れますし、簡単な料理でも子供にとっては学べることがたくさんあります。また、保存料などの食品添加物や過剰な調味料を使わずに作れることも魅力です。子供と一緒に手作りすれば、おやつの時間がもっと楽しくなりますよ。

親子でおやつ作りに挑戦しよう


今度のお休みの日は、親子でおやつ作りに挑戦するのはいかがですか?手作りおやつは、何を作るか考える段階から楽しめます。特に、親子で作れるレシピは作り方が簡単で時間をかけずに作れるのが嬉しいところ。

レシピの指示通りに材料をはかる、混ぜる順番を守るなど、大人からすれば簡単な手順も子供にとってはひとつのチャレンジになります。卵をきれいに割ったり生地を混ぜたりと工作のような作業も多いので、はじめてのことに戸惑いつつも楽しくおやつが作れるのではないでしょうか。

子供と一緒におやつ作りをするメリット

子供と一緒におやつ作りをするメリットはたくさんあります。食に関する興味がわくことで、知識を習得できることもその1つ。たとえば、卵を泡立てると大きく膨らむこと、生地に熱を入れるとかたまることなど、実験のような感覚で気付きを得ることができます。小さなクッキーに配合される砂糖の量なども可視化できるため、子供だけでなく親にとってもよい勉強になりますね。

他にも、調理器具の使い方や危険性を学んだり、それらを使ってゆくことで技術が身についたり。パパ・ママと楽しむ中で食育ができる点も大きな魅力です。

2つ目のメリットは、子供と一緒におやつ作りをすることで親子のコミュニケーションが増えること。何を作りたいかを一緒に考えたり、手順を教えたりすることで、親子の絆をさらに深めることができるでしょう。特に、忙しくてなかなか子供と遊ぶ時間が作れないパパ・ママにとっては、子供の成長が実感できるよい機会になるかもしれませんね。

子供も作れる簡単おやつの種類

では、子供と一緒に作れるおやつにはどんなものがあるのでしょうか。例えば卵、砂糖、小麦粉にバターを加えてオーブンで焼き上げれば、簡単にクッキーを作ることができます。他にも卵、砂糖、小麦粉にベーキングパウダーを加えて焼けば、ふわふわのパンケーキも作れます。さらに、パンケーキと同じような材料でベーキングパウダーを除けばクレープ生地にもなりますよ。

このように似たような材料でも、作り方や配合次第でサクサク、ふわふわとできあがるおやつの触感が変わるのが、お菓子作りのおもしろいところ。小麦粉、砂糖などご家庭に常備している食材や調味料で、簡単に作れるのも魅力ですね。

一方、ゼラチンで固めるプリンやゼリーは、火を使わずに作れるので小さな子供でも安全に楽しむことができます。アイスクリームや生クリームでできるパフェや、市販のスポンジを使ったトライフル(スポンジ、クリーム、フルーツなどを器の中で層状に重ねたデザート)なら、オーブンや電子レンジも不要なのでさらに簡単!加熱調理がない分、短時間で作れるのが嬉しいですね。

スイーツ家電なら簡単におやつ作りが楽しめる


親子で本格的なお菓子作りも楽しいですが、スイーツ家電を使えば料理やお菓子作りが苦手な人でも簡単においしいおやつが作れます。最近では、スイーツ家電だけで本格おやつが完成するものも多く、子供に火を使わせたくない家庭やオーブンがない家庭にもおすすめ。

ここからは、そんな魅力的なスイーツ家電について解説します。親子で使いやすいスイーツ家電を選ぶポイントについてもチェックしてください。

スイーツ家電とは?どんなものが作れるの?

クレープや綿あめ、アイスクリームは子供が大好きなおやつです。家族で出かけた先やお祭りなどで、子供にねだられることも多いのでは?しかし、クレープは専用の鉄板が必要で、綿あめやアイスクリームは大型機械で作るものというイメージを持たれている方もいるかもしれません。また、毎日のおやつとしておうちで作るのは難しいですよね。

そんなときに活躍するのがスイーツ家電です。スイーツ家電があれば大きな機械を用意する必要はなく、小麦粉や卵などの材料を準備するだけで、簡単にお菓子を作ることができます。スイーツ家電とは小さな製品の中にお菓子を作るノウハウを組み込んだ、画期的なアイテムなのです。

子供の年齢や料理経験を考慮して選ぼう

ここからは、スイーツ家電の選び方について解説します。簡単に本格的なおやつが作れるスイーツ家電ですが、子供の年齢や料理経験に基づいて選ぶのがおすすめ。まだ幼くて料理経験がない子供には簡単スイーツ家電を、小学生などで料理の手伝いをしてくれる子供には少し難しい工程があるものを選んでみてください。対象年齢等が記載されている製品もあるので、購入前にチェックしておくとよいでしょう。もちろん、子供の好みのおやつが作れるかどうかも重要なポイントです。

安全性や手入れのしやすさもチェック

目当てのスイーツ家電が、手入れしやすい構造かどうかも要チェック。衛生的に使用したい人は、パーツを分解して洗えるものだと嬉しいですね。また、スイーツ家電は子供と一緒に使うものなので、安全性もしっかり確認しておきたいところ。
EUの安全基準であるCEマークつきの製品を選ぶのもおすすめです。

中にはスイーツ家電を使うのが楽しかったからと、自分だけでおやつを作ろうとする子供もいるでしょう。しかし、幼い子供だけでスイーツ家電を使うと、やけどやけがをする恐れも。大人が見守れるように、「一緒にいるときに使おうね」と声がけをしておくのもよいでしょう。また、子供だけで使用できないように手の届かない場所に置くなど、収納場所も工夫してみてください。

おやつ以外も作れるとうれしい

せっかく購入するなら、毎日使用する調理グッズの1つと考えて、用途が広いスイーツ家電を選ぶのもおすすめです。たこ焼き器でベビーカステラが作れるように、スイーツ家電を使っておやつ以外の料理が作れるとなおよいですね。

たとえば鉄板を変えるだけでホットサンドが作れるワッフルメーカーや、ガレットも焼けるクレープメーカーなど。おかず類に対応していれば、子供のおやつの時間だけでなく朝食やブランチにも使用できるので、ひとつあると重宝するでしょう。

おすすめのスイーツ家電・調理家電

ここからは、おすすめのスイーツ家電・調理家電を紹介します。子供の好みや使いたい頻度に合わせて、気になるものをチェックしてください。

綿あめメーカー ホームコットンキャンディメーカー MEK-81

綿あめといえば、お祭りや縁日の屋台で売られているものを思いうかべる人も多いのではないでしょうか。口に入れるとほわりと溶ける甘い綿あめ。顔より大きな綿あめは、持っているだけでも幸せな気持ちになれますよね。

こちらのコットンキャンディメーカーは、おうちで気軽に綿あめが作れるスイーツ家電。ザラメだけでなくあめ玉を使って綿あめを作ることができ、カラフルなあめ玉を投入すれば、ほんのり色づいたかわいい綿あめも作れます。各パーツを重ねるだけの簡単設計で、パーツが分かれているので手入れしやすいのも嬉しいポイントです。

ポップコーンメーカー PN-01 KDPN-001W

親子で楽しめる小型のポップコーンメーカー。バタフライ型、マッシュルーム型の2種類のコーンに対応しているのが魅力です。バタフライ型はパウダー状のシーズニング類がよく絡み、マッシュルーム型はキャラメルやチョコレートなどソース系との相性が抜群。

作り方は簡単で、コーンを製品上部のメジャーカップに入れて、くるっと回し落とすだけ。ポンポンと軽快な音を立ててポップコーンが飛び出してきます。子供と一緒に作ることで盛り上がるのはもちろん、おうちでの映画上映会のお供にもぴったりの調理家電です。

ドリテック アイスクリームメーカー IM-100WT

1回で約3人分のアイスクリームが作れる、ドリテックの家庭用アイスクリームメーカーです。4種類のアイスクリームレシピが付属しており、子供と一緒に手作りアイスを楽しめます。また、パーツを取り外しできる手入れしやすい構造で、気になる衛生面も文句なし。夏場はさっぱりとしたジェラート、冬は家族でこたつに入って、濃厚なアイスクリームを召し上がれ。

チョコレートファウンテン チョコフォンデュ

あふれ出すチョコソースに果物をディップしながら、贅沢なおやつタイムを過ごすのはいかがですか?こちらはおうちで豪華なチョコレートフォンデュが楽しめるチョコレートファウンテン。つやのある本体は高級感ある雰囲気で、子供の誕生日パーティーやクリスマス会などにもぴったり。子供がいる家庭はもちろん、大人の女子会でも盛り上がること間違いなしのおすすめスイーツ家電です。

着脱式 たい焼きメーカー KDHS-013W

こちらはホットケーキミックスでかわいいたい焼きが作れるスイーツ家電。余ったミックス粉を消費したいものの、ホットケーキは子供が飽きてしまった、という家庭にも最適です。あんこが苦手な子供にはカスタードクリームやチーズソースを入れてもよいでしょう。

おやつ以外に、ハムチーズやカレーなどをお腹につめた、おかず系たい焼きもおすすめ。使用後はプレート部分を外して水洗いできるので、生地のこびりつき等もきれいにできますよ。

ハンディクレープメーカー

火を使わずにクレープが作れるハンディクレープメーカーです。子供でも持てるコンパクトサイズで、ちょっとしたおやつに丁度よいミニクレープができあがります。こちらのクレープメーカーで作るクレープの作り方は独特で、熱したプレートを生地の入ったトレーにつけ、焼いてはがすというもの。簡単にムラなく薄い生地が作れるので大人も子供も楽しめるでしょう。

ただし、プレート部分はとても熱くなりますので、子供が火傷しないよう注意しながら調理してください。こちらもたい焼きと同じく、ツナサラダやソーセージを巻くなど、トッピング次第で簡単な軽食も作れます。

Wワッフルメーカー KDHS-008W

カフェスイーツとしても馴染みのあるワッフルは、外で買うとちょっと値段がお高め。スイーツ家電で作るワッフルなら、家にある材料を使ってリーズナブルにおうちカフェを楽しめます。また、こちらも焼きおにぎりやお好み焼きなど、おかず系メニューが作れるので、おやつ以外の使い方もできて便利です。フッ素樹脂加工が施されているため、油脂いらずでヘルシーなのも、大人には嬉しいポイントですね。

ホームベーカリー シロカ SHB-512 ジャム 生キャラメル

レシピブック付きがうれしいシロカのホームベーカリー。手ごねでのパン作りは大変な作業ですが、こちらは材料さえしっかり計量すればあとは機械任せ。ホームベーカリーが自動で管理してくれるので、こね不足や発酵不足を防いでおいしいパンができあがります。パン以外にも、ジャム、生キャラメル、ピザ生地やもちなどにも対応している便利な商品です。

まとめ

安全かつ簡単におやつが作れるスイーツ家電。便利なスイーツ家電は、子供とのはじめてのおやつ作りにもおすすめです。食育や親子のコミュニケーションにも役立つなど、子供とおやつ作りをするメリットはたくさんあります。また、パパやママと一緒にお菓子を作る時間は、子供にとって記憶に残るイベントにもなりますよ。子供と一緒にいられる時間を大切にして、家族で楽しくおいしいひとときを過ごしてください。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する