低めの家具で部屋が広く見える?! 「視線の低いくらし」で快適に

後で読む・お気に入りに保存する

部屋を広く見せたいときにおすすめなのが、背が低めの家具。高い家具だと圧迫感を感じてしまう部屋も、低い家具で揃えれば視界が奥まで抜け、同じ空間でも広く感じることができます。また、低い家具は高い家具に比べて地震の際のリスクも低く、小さな子供やペットにとっても安心。床との距離も近くなり、なんだかほっこり、落ち着くという良さもあります。

今回は、背の低い家具でゆとりのある空間を楽しみたい方におすすめのアイテムをご紹介。安心・快適なくつろぎの時間を楽しんでください。

空間を広く見せてくれる、低めの家具に注目

「お部屋が狭くてなんだか窮屈な気がする」「ふと見回してみると、背の高い家具に囲まれて圧迫感を感じる」ということはありませんか?手狭に感じてしまうお部屋も、レイアウトや家具選びの工夫で広く感じられたら嬉しいですよね。
そんな時は背が低めの家具を使った「ロースタイルインテリア」に注目。お部屋が広く感じられるだけでなく、その他にも嬉しいことがありそうです。 

同じ空間でも低めの家具で広く見える?!

リビングの写真

天井が低めのマンションや団地などは、背の高い家具を置くと圧迫感が増してしまいます。そこでおすすめなのが、低めの家具を置いて「ロースタイルのインテリア」で統一感を出すこと。低めのテーブルやソファを使う、低めの棚を使う、カラーボックスを横置きにするなど、低い家具で揃えてみましょう。すると視線も低くなり部屋の奥まで抜けるので、広く感じることができます。

低めの家具は地震のリスクも軽減?

家具が倒れている写真

災害面への備えという視点でも、低めの家具を検討してみるとよいでしょう。地震では、家具は必ず倒れるものと考えて、転倒防止対策を講じておく必要があるとされています。特に、寝室や子供部屋にはなるべく家具を置かず、置く場合もなるべく背の低い家具を選ぶことが推奨されています。

また、地震で家具が倒れないようにするためには、家具の重心を下げることが大切です。重心を下げ、落下による怪我を防ぐためにも、重いものは低い位置に収納するのが大原則です。
一方で、家具の重心を下げるためには、背の高い家具ではなく低い家具を選ぶことも一つの方法と言えそうです。災害に対する備えとしても、低い家具を取り入れてみるといいかもしれません。

参照:
首相官邸「災害に対するご家庭での備え」
総務省消防庁「地震による家具の転倒を防ぐには」

子供も使いやすい低い収納

子供部屋の写真

おもちゃや洋服など、子供が使うものの収納を低くすると、子供も使いやすいというメリットがあります。自分で物を選んだり、使ったものを自分でしまったりする習慣ができて、その上お部屋を広く見せることができるのならば一石二鳥!子供にも使いやすいローチェストや低めのラックなど、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

子供やペットも安心して使える

猫の写真

テーブルやソファ、椅子などを低めのものにしておけば、小さな子供やペットが高いところから落ちてしまう危険が減り、安心できるというメリットも。子供やペットと一緒に安心して過ごせる空間づくりに、低めの家具をぜひ取り入れてみてください。

床でほっとくつろぐスタイルが新鮮

お部屋を広く見せてくれる、低めの家具を使った「ロースタイル」。床が近くて安心感がある、ほっとして癒やされるという声もあるようです。

フローリングの部屋に背の高い椅子やテーブルで過ごしていると、ふと床に座って過ごす時間が懐かしくなることはありませんか?
家族で膝を突き合わせて過ごしたり、畳の部屋のように床に触れながら過ごす時間が私たちの心を落ち着かせてくれるのかもしれません。ぜひ低めの家具を取り入れて、床でくつろぐ時間を楽しんでください。

低めの家具暮らしに欠かせないおすすめアイテム6選

床に近いロースタイルの暮らし。部屋を広く見せてくれるほかにも、災害時のリスク軽減や、子供やペットの安全確保、ほっとくつろぐ癒しの効果など、いくつかメリットがありそうです。今回、体にやさしく衛生面も安心のアイテムをはじめ、子供のいる家庭にぴったりのアイテムもご紹介。機能性抜群でおしゃれなものが揃っています。ぜひチェックしてみてください。

テレビも見やすいごろ寝クッション

テレビを見たり、本を読んだり、昼寝をしたり。ロースタイルではごろ寝しながらいろんな時間を楽しみたいですよね。そんな時におすすめなのがこちらのクッションです。気分に合わせて3つのスタイルで使い分けることができます。


気分に合わせて形を変え、好きな姿勢でリラックスできるごろ寝クッション。3WAYの折りたたみクッションで、使い方に合わせてパタパタと変形させることができます。全て広げて置けばごろ寝スタイル、ひとつ畳んで座椅子風、三角に折り畳んでお昼寝まくら。テレビ鑑賞や読書タイム、お昼寝のお供にピッタリです。

日本製で、生地は簡易撥水加工。通気性が良いさらっとした手触りのファブリック生地で、オールシーズン快適に使えます。また、ウレタンを使用した程よい弾力感のクッションで身体をしっかりと支える、疲れにくい座り心地です。カラーはブラウン、ネイビーグレーの3色展開。自分だけの自由なリラックスタイムを楽しんで。

商品画像

ごろ寝クッション 3WAY

くらひろstoreで見る

防音・防水・滑り止めで子供も安心して遊べるプレイマット

ロースタイルの床に近い暮らしでは、子供も安心して過ごせる・遊べる環境が大事ですよね。そこでぜひ取り入れたいのがこちらのプレイマット。子供の怪我のリスクを軽減できるほか、足音などを抑えられるメリットも。防水や滑り止めも施されていて、大判のスグレモノです。床暖房にも対応していますよ。


たたみ2畳分の大きなサイズのプレイマット。ボールプールなど大きな室内遊具を置いてもゆとりのある広々マットで、子供も安心して遊べます。裏面の滑り止め加工でマットのずれを防止。遊びざかりの子供が走り回ってもズレにくい作りになっています。また、程よい厚みで足音などの生活音を吸収してくれるので、フローリングよりも音が響かず階下への防音対策にもおすすめです。

厚さは約3cm。中材は4重発泡ポリエチレンフォームを使用し、程よい弾力で衝撃を緩和して、痛みやケガを防いでくれます。撥水性に優れたカバーを使用しているので、何かをこぼしても拭き取るだけでOK。簡単に折りたためて持ち運びやすい重さなので、持ち運びや収納もラクチンです。ホワイト、モカ、ホワイト×モカ、ホワイト×グレーの4色展開。

商品画像

プレイマット 折りたたみ 大判

くらひろstoreで見る

14段階で調節できる二人掛けフロアソファ

ロースタイルでぜひ取り入れたいのがフロアソファや座椅子。こちらは二人掛けなのに、左右で別々に14段階のリクライニングができるというスグレモノ。2人で仲良く、しかもそれぞれのスタイルで自由にくつろげます。折り畳めばコンパクトになるのも嬉しいポイントですね。 


左右がそれぞれ独立してリクライニングできる2人掛け座椅子。左右別に14段階でリクライニングできるので、2人で使っても相手に合わせることなく、自分のスタイルで自由にくつろぐことができます。折り畳めば56cm×55cm×51cmと、収納しやすいコンパクトサイズに。

素材はウレタンフォームとウレタンチップをふんだんに使用し、もっちりふかふかの座り心地。張地はオールシーズン快適なポリエステルファブリックと、肌触りの良いマイクロファイバーから選べます。カラー展開も豊富なので、他のインテリアや好みに合わせて選んでみてください。

商品画像

座椅子 ソファ フロアソファ

くらひろstoreで見る

畳の部屋もフローリングに。子供にも安心の仕様

リフォームは難しいけれど、新しくて清潔な床でロースタイルを楽しみたい。元の床を汚したり傷つけたりしたくない。そんな時におすすめなのがこちらのウッドカーペットです。敷くだけで簡単に使えて、抗菌・防臭・低ホルマリンと、小さい子供にも安心。おしゃれなフローリングを気軽に取り入れられますよ。


敷くだけで簡単にお部屋をリフォームできるウッドカーペット。道具や接着剤を一切使わないので、誰でも簡単に扱えます。畳のお部屋もあっという間にフローリングに。リフォームがなかなかできない賃貸のお家にもおすすめです。

菌の繁殖を抑える抗菌・防臭加工を施した素材を使用しているので、清潔に使えます。さらに、ホルムアルデヒドの含有量を抑えているので、小さな子供がいても安心。裏面には不織布が貼ってあるので、下の床が汚れたり、傷がついたりするのを防ぎます。表面には硬質塗装がされているので、傷がつきにくくなっています。天然木よりも軽量で、作業も簡単。カラーはホワイト、ブラウン、ダークブラウンの3色展開。

商品画像

ウッドカーペット 団地間 4.5畳 245cm×243cm

くらひろstoreで見る

ゴージャスで開放的なローソファ

ロースタイルでも心地よくゴージャスなソファでくつろぎたい。そんな時はこちらのローソファ。座り心地の良さはもちろん、オットマンやミニテーブル付きで、心地よく開放的に過ごすことができます。ローテーブルやこたつにも相性抜群のアイテムです。


圧迫感を抑えた、フロアタイプのソファ。ローテーブルやこたつとの高さがちょうどよく、床に近い暮らしをおしゃれに実現できます。付属の背クッション2つは独立して自由な角度に配置できるので、好きな体制でリラックス。取り外して枕代わりに使うこともできます。

座面の奥行きは2人掛けでも50cm〜。座面幅は100cmあり、ちょっと横になってお休みすることもできるサイズです。さらに、フロアソファでは珍しいオットマン付きで、足を伸ばして寛ぐこともできます。木目柄のミニテーブル付き。

商品画像

ローソファ フロアソファ 2人掛け オットマン付き

くらひろstoreで見る

ゲームや読書に。背中を伸ばしてまっすぐな姿勢をサポート

クッションや座布団で床に座っていると腰が痛くなってしまうことがありますよね。こちらのゲーミング座椅子は、座るだけで真っ直ぐな姿勢をサポート。196通りの可動で自分にピッタリの角度が見つかり、ストレッチをすることもできます。これがあればロースタイルも快適に。 


真っ直ぐな姿勢をサポートしてくれるゲーミング座椅子。身体を委ねるだけで自然に姿勢を整えることができるので、今まで猫背で悩んでいた方や、腰が辛いという方にもおすすめです。14段階、196通りの可動で、自分にピッタリの角度が見つかるはず。背もたれを後ろに倒してストレッチをすることもできます。

背面の中央部分には極小ビーズがたっぷり入っていて、フィット感も抜群。もっちりとした肌触りで、包み込まれるような心地よさです。さらに、座面の厚さは約14cmで、中央のくぼみがお尻をすっぽり包んでくれるので、長時間座っても疲れにくく快適です。通気性抜群のメッシュ素材で、ピンク、グリーン、ブラウンの3色展開。

商品画像

14段階ストレッチ座椅子Pit!【ピット!】

くらひろstoreで見る

▼まとめ

低めの家具で安心・快適な暮らしを始めてみよう
お部屋を広く感じさせてくれて、安全に快適に過ごすことができる、低めの家具を使ったロースタイル。床に近い過ごし方で癒されたい方、小さなお子さんがいる方にはぜひ取り入れてほしいスタイルです。安心して快適に過ごせるアイテムを上手に活用して、新しい暮らしをはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する