デイキャンプから始めよう!初心者が揃えておきたいアウトドア・ギアや魅力をご紹介!

後で読む・お気に入りに保存する

ここ数年、盛り上がりを見せるアウトドアブーム。興味はありつつも、「何から始めていいのか分からない」「キャンプをやってみたいけど、荷物も多くて大変そう」「子どもが小さいので、外で寝泊まりするのは不安」など、なかなか踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

一口にキャンプと言っても、初心者にとっては事前準備からテントの設営、食事の用意など、やることはたくさん。疲れてしまって楽しむどころではない、なんて人もいるかもしれません。そんな悩みを解消し、気軽にアウトドアを満喫できるのが、日帰りで楽しむキャンプ、いわゆる「デイキャンプ」です!

デイキャンプとは「DAY(日中)」と「キャンプ」を掛け合わせた言葉で、日帰りで行うキャンプのことを言います。略して「デイキャン」とも呼ばれています。初心者が特に不安に感じる泊まりキャンプとは違い、思い立ったらすぐ楽しめる手軽さが最大のメリット!そんな「デイキャンプ」を楽しむコツやおすすめの道具をご紹介していきます。
河原で遊ぶ写真

デイキャンプとキャンプの違いは?

キャンプの写真
デイキャンプとキャンプの違いは、ずばり「泊まる」か「泊まらない」かです。

キャンプはトイレや炊事場などの施設があるキャンプ場にテントを張って泊まります。そのため荷物も多く、まとまった休みがないと行けなかったり、ハードルが高く感じられたりして、挑戦しづらいと思っている方も多いと思います。

一方、デイキャンプは泊まらないので最低限の荷物でOK!もちろん日帰りなので、連休をとる必要もありません。大抵のキャンプ場には、知識豊富なスタッフが駐在しているので、安心して気軽に行くことができますよ。

場所はキャンプ場以外でもOK!

河原で遊ぶ写真
デイキャンプはキャンプ場だけでなく、いろいろな場所で楽しめるのも魅力のひとつです。河原や公園など、キャンプ用の設備がなくてもできるので、お気に入りの場所を探してもいいでしょう。

ただし、場所によっては火器使用の禁止や大型タープが禁止となっているところがありますので、必ず事前に確認し、ルールを守って楽しみましょう。

必要な道具を揃えよう!

キャンプをしている女性の写真
「デイキャンプ」は日帰りで楽しむアウトドア。子供と思いっきり体を動かして遊んだり、みんなでBBQを楽しむためにはテーブルや椅子の他に日よけのタープなどがあると便利です。普段は出来ない外での料理をお子さんと一緒にするのも楽しみのひとつですよね。
ではさっそく、デイキャンプにおすすめのグッズを見ていきましょう。

荷物運びを楽に!コンテナ&キャリーカート

家族でデイキャンプをやるとなると、子供のことを考えてついつい持ち物が増えてしまいますよね。そんなときは荷物をまとめて持ち運べるコンテナやキャリーカートが便利です。
また、デイキャンプに使うアイテムはイチから揃えなくてもOK!自宅で普段から愛用しているキッチングッズやカセットコンロ、普段の買い物で活用しているソフトクーラーボックスでも十分に活躍しますよ。
特に紛失しやすいお皿やコップなどの小物類は、収納ボックスにまとめておくと、なくす心配が減って安心です。

■キャプテンスタッグ タフコンテナ47 カーキ

商品画像

ポリプロピレン素材で軽くて頑丈!アウトドアグッズの収納に便利なコンテナです。

商品画像

荷物を入れる・運ぶ以外にも、耐荷重があるので簡易的な椅子やテーブルとしても使えるほどタフ!アウトドアの万能アイテムです。

「デイキャンプ」では、駐車場から荷物を運搬しなければならない場合もあり、かなりの距離があることもあります。何往復も荷物を運搬するだけでヘトヘトになってしまうことも……。

そんな時にあると便利なのが、折りたたみ式の「キャリーカート」です。

■キャプテンスタッグ CS 収束型 4輪キャリー ベージュ

商品画像

耐荷重は80kgもあるので、キャンプ道具をまとめてらくらく運べます。

商品画像

さらに、本体カバーは取り外し可能なのでお手入れが簡単。アウトドアで使った後は泥や葉っぱなどの汚れがついてしまうので、簡単にお手入れできるのは嬉しいですね。

これからの季節は熱中症対策にも!日除けタープ

「デイキャンプ」は日帰りなので、テントがなくても楽しめますが、日差しや急な雨風を防ぐため、屋根になるものがあると便利です。
また、日陰をつくることでクーラーボックスや荷物などを強い日差しから守るのにも役立ちます。

■フィールドステーション ワンタッチタープ

商品画像

こちらのタープは何といっても立ち上げが簡単なのが魅力!工具も不要で、約1分で設営できます。高さ調整・撤収もつまみを引くだけで簡単に行えます。
デイキャンプ以外にも、バーベキューやピクニックなど、様々なアウトドアレジャーで活躍するので、ひとつ持っておくと重宝するかもしれませんね。

ちょっとした休憩にあると便利!チェア&テーブル

ピクニックならレジャーシートでもOKですが、朝から夕方まで過ごす「デイキャンプ」では、コンパクトで楽に持ち運びが出来るテーブルと椅子があるとより快適に過ごせます。

■キャプテンスタッグ トレッカー ザ ライトチェア カーキ

商品画像

こちらのチェアは軽量・コンパクトな組立式。組立後、収納袋はフレームに取り付けて小物入れとして使用できます。
チェアに腰かけて、自然の中でのんびりとした時間を過ごす。そんなアウトドアシーンには欠かせないアイテムです。

■収納袋付き、折りたたみサンシャインベッド

商品画像
商品画像

遊び疲れたら、ちょっとお昼寝。ゆっくりとリラックスできますよ。
地面に直接置きたくない荷物を置くスペースや、横並びに座るベンチとしてマルチに使えます。

■ウッドトップ キャンプ フォールディングテーブル

商品画像

部屋の中でも普段使いできそうなほどおしゃれなウッドトップテーブル。

商品画像

テーブルは持ち運ぶときにかさばりそうなイメージがありますが、こちらの商品は土台が折り畳み式で、天板がくるくると丸めて小さく収納できるのでとってもコンパクト!
専用の収納ケースもついているので持ち運びに便利ですね。

アウトドアだからできる豪快な料理にもチャレンジしよう!

外で食べるご飯は格別!
炭火で豪快にお肉や海鮮を焼いて楽しむバーベキューには、高さ調整が出来るグリルが便利です。

■キャプテンスタッグ スリムスライドグリル

商品画像

両サイドに串焼きの串を刺す穴がついているので、1台で網焼きと串焼きが同時に楽しめます。炭の継ぎ足しが簡単なスライド式炭入れになっており、アウトドア初心者には嬉しい作り。炭入れは上からも外せるので、最後の片づけも簡単です。

商品画像

高さはハイ約70cm、ロー約38cmの2通りに調節可能。ローの高さで焼き網を取れば焚き火も楽しめます。

煙が出るのでお家ではなかなかチャレンジしづらい燻製料理も、外でなら気軽にチャレンジできます。

■キャプテンスタッグ ログハウス スモーカー・ブロックセット (燻製器)

商品画像

こちらは段ボール製のお手軽な燻製キット。軽くて持ち運びも簡単ですが、作れる燻製は本格的です。
材料を乗せるための網や、吊り下げ用のフック、燻製ブロックがセットになっているので、これさえあれば燻製作りにチャレンジできますよ。

まとめ

キャンプというと泊まるというイメージがありますが、気軽にキャンプ気分だけを味わう「デイキャンプ」なら、初心者でも気軽にチャレンジできそうですね。アウトドアやキャンプに興味がありながら、なかなか一歩を踏み出せなかった方も、まずはデイキャンプから始めてみてはいかがでしょうか。

今なら1,000円OFFクーポンも!お気に入りのアウトドアアイテムを探そう!

くらひろstoreでは、本記事でご紹介したアイテム以外にも様々なアウトドアアイテムを取り揃えたアウトドア特集を実施中!新規会員登録で1,000円OFFクーポン(※)ももらえるので、お気に入りのアウトドアアイテムをお得にゲットしちゃいましょう!

特集ページのバナー
※クーポン有効期限:2022年6月9日(木) 10:59ご購入分まで

この記事の評価をお願いします

役に立った

誰かに広めたいと思った

普通

後で読む・お気に入りに保存する

KEYWORD

#人気のキーワード